八代亜紀「毎日、宮根誠司さんに会っています(笑)」 新曲が“ミヤネ屋”EDテーマ曲に決定

歌手の八代亜紀が、2020年に芸能生活50年を迎える。圧巻の歌唱力で日本を代表するディーヴァの一人が、早くも新曲を発表した。1月6日から、読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」エンディングテーマに決まった新曲「ワタシウタ」がオンエアされる。

2020年に芸能生活50年を迎える八代亜紀
2020年に芸能生活50年を迎える八代亜紀

新曲「ワタシウタ」が「情報ライブ ミヤネ屋」エンディングテーマに決定 芸能生活50年を迎え、歌声届ける

 歌手の八代亜紀が、2020年に芸能生活50年を迎える。圧巻の歌唱力で日本を代表するディーヴァの一人が、早くも新曲を発表した。1月6日から、読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」エンディングテーマに決まった新曲「ワタシウタ」がオンエアされる。

 50周年記念ソング第1弾「ワタシウタ」は八代の過去の代表曲のタイトルが散りばめられた、まさに50周年を振り返るような1曲になっている。ちょっとユーモラスで、誰もが歌いたくなるような楽曲だ。八代曰く、「演歌ロック風な感じ」な曲に仕上がったそうだ。また、2020年は「さわやかな一年になることを願っています。いろいろな人たちに向けて、癒しのお手伝いができれば」と希望を語った。

 また、エンディングテーマとなる「情報ライブ ミヤネ屋」については「家にいる時は毎日観ています。毎日宮根(誠司)さんに会っています(笑)」と、普段から馴染みの番組であることを明かした。この「ワタシウタ」は、3月11日に発売予定のニューシングルに収録される予定だ。

 八代は2010年以降はジャズアルバムをリリースするなど、ジャンルにとらわれない歌声で多くのファンを魅了している。昨年は、お笑いタレントANZEN漫才のみやぞんとのデュエット・ソング「だいじょうぶ」を発表した。作曲を担当したのは、3人組ロックバンド「THE ALFEE」の高見沢俊彦氏、作詞は伊藤薫氏というタッグで楽曲が完成。「平成から令和へつなげる応援歌」とも言えるこの曲は、元気が出る応援歌として話題を呼んだ。USEN演歌/歌謡曲ランキングで1位をマークしたほか、受験生や親への応援歌にもなり、みやぞん以外にも高校生の吹奏楽部や外国人とのコラボレーションも実現した。

 また、女子ハンドボールのテーマも歌った。「Hand in Hand~つなぐ想い~」という曲で、小林武史氏が作曲・編曲、いしわたり淳治氏が作詞という異色のコラボレーションが実現。地元・熊本県で開催された女子ハンドボール世界選手権大会のテーマソングとして大会を彩った。

 芸能生活50周年という節目を迎える今年、八代の歌声と精力的な活動に注目だ。

次のページへ (2/2) みやぞんとデュエット
1 2