ザック・セイバーJr.がSANADAを下し、ブリティッシュヘビー級王座を死守!

新日本プロレスのビッグマッチ「WRESTLE KINGDOM14」が5日東京ドームで行われ、第3試合にブリティッシュヘビー級王者のザック・セイバーJr.が登場。SANADA相手にタイトルマッチを行い勝利した。

ブリティッシュヘビー級王座のベルトを掲げたザック・セイバーJr.【写真:山口比佐夫】
ブリティッシュヘビー級王座のベルトを掲げたザック・セイバーJr.【写真:山口比佐夫】

新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム」

 新日本プロレスのビッグマッチ「WRESTLE KINGDOM14」が5日東京ドームで行われ、第3試合にブリティッシュヘビー級王者のザック・セイバーJr.が登場。SANADA相手にタイトルマッチを行い勝利した。

 前日のイッテンヨンで行われた両者の前哨戦8人タッグは、ザック・セイバーJr.が様々な関節技を駆使し、BUSHIから勝利し試合を制したが、この日もSANADAに対しザックは難解な関節技を次々披露。関節技が決まるたびに観衆からどよめきが起こり、終始関節技でギブアップを迫るザックにSANADAは防戦一方の展開。そして最後はザックがSANADAからヨーロピアンクラッチで3カウントを奪い、ブリティッシュヘビー級王座の防衛に成功した。

 今年は史上初の1月4日と5日、2DAYSで開催される新日本プロレスの「WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム」。1月5日(イッテンゴ)はIWGPヘビー級王座を保持するオカダ・カズチカとIWGPインターコンチネンタル(IC)王座を保持する内藤哲也によるIWGPダブル選手権試合や棚橋弘至VSクリス・ジェリコなど全8試合が行われる。

次のページへ (2/2) ザック・セイバーJr.とSANADAの攻防
1 2