覚醒した万能アイドル STU48兵頭葵、5歳から続ける楽器に見いだす自分だけのカラー

兵頭は自分のキャラクターを「自由奔放」「頑固」を表現する【写真:山口正人】
兵頭は自分のキャラクターを「自由奔放」「頑固」を表現する【写真:山口正人】

兵頭葵の優しさの原点、自分から見たキャラクターは?

■兵頭葵が語る“私のトリセツ”

<1.性格は頑固でさっぱり系>
 自分でこれと決めたことは絶対に曲げません。ファンの方に「〇〇がいいと思うよ」と言われても、頑固だから、逆にやらなくなるタイプ(笑)。結構、自由奔放です。サバサバしていると言われるんですけど、さっぱりって感じだと思います。サバにすだちをかけたくらい(笑)。1人でずーんと沈むことはあまりなくて、寝たら嫌なことは忘れます。私の中で、なぜ「菩薩」と呼ばれているんだろうという謎はあって。たぶん笑ったときの顔だと思うんですけど、性格は菩薩ではない気がします。

<2.嫌なことがあったら部屋の模様替え>
 私の部屋は本当にきれいです(笑)。1日が終わって家に帰ってきたとき、自分好みの部屋が良くないですか? だから、毎日きれいにしています。たぶん2週間に1回くらいのペースで、物の配置が変わっているはず。模様替えのこだわりは、とにかくすっきりさせて、「これはいらん」ってなったら、すぐに断捨離(笑)。ミニマリストではないけど、イライラしたときは物を捨てて、すっきりみたいな感じです。

<3.優しさの原点は祖母>
 私はおばあちゃん子なので、昔から町内ボランティアの草むしりに参加したり、人のために何かをするというのは好きです。料理を始めたのも、おばあちゃんのお手伝いから。おせちの黒豆の蜜煮をずっとグルグル回したり、小学生のころは炒め物をしたりしていました。そのあと、おばあちゃんのメモしていたレシピを参考に、自分でも料理をするようになった感じ。得意料理は、肉じゃがとグラタンです。

(後編に続く)

□兵頭葵(ひょうどう・あおい)2001年1月18日生まれ、愛媛県出身。STU48 1期生。ダンス、歌、ピアノをはじめとする楽器など、あらゆる分野で高いレベルを誇る万能アイドル。笑顔と優しさにあふれ、瀧野由美子が名付けた「菩薩」の愛称がファンの間でも浸透している。メンバーに振る舞う手料理は、「おいたーイーツ」として人気を博す。

トップページに戻る

1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください