竹内涼真、初舞台・初ミュージカル「知らない世界が広がっていて大変」

俳優の竹内涼真が15日、東京・東池袋の東京建物Brillia HALLで行われた主演ミュージカル「17AGAIN」(16日~6月6日、同所)の公開リハーサルに出席した。

バスケットボールの花形選手を演じる竹内涼真【撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ】
バスケットボールの花形選手を演じる竹内涼真【撮影:宮川舞子、提供:ホリプロ】

共演のソニンとのペアダンスにも初挑戦 息ぴったり

 俳優の竹内涼真が15日、東京・東池袋の東京建物Brillia HALLで行われた主演ミュージカル「17AGAIN」(16日~6月6日、同所)の公開リハーサルに出席した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 2009年公開のザック・エフロン主演米コメディー映画のミュージカル化で今回が世界初上演。ハイスクール時代にバスケットボールのスター選手だったマイク(竹内)は、恋人(ソニン)の妊娠を機に結婚するが、35歳になって家庭も仕事もうまくいかずさえない日々を送っていた。しかし、ある現象で17歳に逆戻りし、2人の子どもと同じハイスクールに通うことに……。

 今ミュージカルが初舞台となった竹内は開演前にコメントを発表し、「いよいよ初日を迎えます。無事に開幕できる、劇場でお客さんに会えるという喜びを感じています」と意欲を見せた。

 初舞台、初ミュージカルで本格的な歌やダンスも初めて。ボイストレーニングはけいこ開始の1年半以上前から、ダンスレッスンも半年以上前から始め、今回の公演に備えてきた。竹内は「自分の知らない世界が広がっていて、僕の体の中にはない表現方法を取り入れるのが難しく大変な作業でした」と振り返り、「何回も試行錯誤し最後にひとつの形にするという作業はすごく好きでした。全員で作品を面白くしようという気持ちでけいこを積み重ねられることが、すごく素敵だと思いました」と“初体験”から多くを吸収した様子。

 ミュージカルのストーリーについては「この作品の登場人物たちが抱えている問題は日常的にありふれたもので、みんな自分の目的に一生懸命というところが一番の魅力だと思います。最高のパフォーマンスをして、楽しい気持ちで劇場を後にしていただけるように全力で頑張ります」とPRした。

 主催はホリプロ、キョードーファクトリー、WOWOW。共演はエハラマサヒロ、桜井日奈子、福澤希空(WATWING)、有澤樟太郎、水夏希ら。

次のページへ (2/2) 【写真】ド派手な演出で盛り上がった試合シーンのショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください