オカダ・カズチカが飯伏幸太の挑戦を退け、IWGPヘビー級王座を防衛!

新日本プロレスのビッグマッチ「WRESTLE KINGDOM14」が4日、東京ドームで行われ、メインの第8試合IWGPヘビー級選手権試合はオカダ・カズチカが飯伏との死闘を制し、王者の意地を見せた。

イッテンヨンのメインで激しい攻防を繰り広げたオカダ・カズチカと飯伏幸太【写真:山口比佐夫】
イッテンヨンのメインで激しい攻防を繰り広げたオカダ・カズチカと飯伏幸太【写真:山口比佐夫】

新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム」 IWGPヘビー級選手権試合

 新日本プロレスのビッグマッチ「WRESTLE KINGDOM14」が4日、東京ドームで行われ、メインの第8試合IWGPヘビー級選手権試合はオカダ・カズチカが飯伏との死闘を制し、王者の意地を見せた。

 5度目の王座防衛戦となった第69代チャンピオンのオカダ・カズチカと「G1 CLIMAX 29」優勝者の飯伏幸太が激突したIWGPヘビー級選手権試合は、飯伏の必死の攻撃を受け止めたオカダが、最後はレインメーカーで飯伏の挑戦を退けた。

 これにより、5日のメインはセミファイナルで勝利したIWGPインターコンチネンタル選手権勝者の内藤哲也とIWGPヘビー級選手権勝者のオカダ・カズチカによるダブル選手権試合が決定した。

 今年は史上初の1月4日と5日、2DAYSで開催される新日本プロレスの「WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム」。IWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル(IC)王座のダブル選手権試合をはじめ、獣神サンダー・ライガーの引退試合も2日間にわたって行われるなど、両日とも注目のカードが組まれている。1月5日(イッテンゴ)では、メインのダブル選手権試合をはじめ、獣神サンダー・ライガーの引退試合、棚橋弘至VSクリス・ジェリコなど、全8試合が行われる。

次のページへ (2/2) 歴史的な熱戦の白熱ギャラリー
1 2