石田ゆり子、愛猫たちとの日常をまとめた書籍発売「印税は全て保護犬、保護猫のため」

女優の石田ゆり子が2016年から始めたインスタグラムに投稿してきた日々の記録を全3巻にわたりまとめた「ハニオ日記」(扶桑社)を31日に発売する。

「ハニオ日記 I 2016 -2017」の書影【写真:(C)扶桑社】
「ハニオ日記 I 2016 -2017」の書影【写真:(C)扶桑社】

5年間の日々を全3巻にわたりまとめた「ハニオ日記」

 女優の石田ゆり子が2016年から始めたインスタグラムに投稿してきた日々の記録を全3巻にわたりまとめた「ハニオ日記」(扶桑社)を31日に発売する。

 ハニオというのは石田が共に暮らす複数の猫たちの中の1匹である、茶トラの牡猫の名前。ハニオの視点から世の中をシュールに見つめた「ハニオ日記」はハッシュタグをつけてインスタグラムの中で連載され、多くのファンの心をつかみ続けている。

「ハニオ日記」というタイトルはそのハッシュタグのみならず石田の世界観を代弁している言葉とも言える。本書の中で描きたかったのは目に見えない「時間」だという。

 石田は「5年間の日々の記録をまとめたらびっくりするほどの量になり自分でも驚いています。この本のテーマは『時間』。悲しいことも嬉しいことも全てを飲み込んで続いていく目に見えない「時間」を捕まえたくてわたしはいつも文章を書いています。(でも時間は絶対に捕まえられない!)

 この本は小さな小さな日々の記録の積み重ねによって形になりました。私を取り巻く全ての人と愛おしい『毛だらけの彼ら』たちに心からの感謝と愛をこめて。そしてこの本の印税を全て、保護犬、保護猫たちのために使うことを決めています。このことが、私がこの本を作る1番の動機でした。私と彼らの日々が、保護犬、保護猫たちを少しでも支えるのであればこんなに幸せなことはありません。あなたの本棚に末長く置いていただけますように」とコメントした。

「ハニオ日記 I 2016 -2017」「ハニオ日記II 2018 -2019」「ハニオ日記III 2019 -2021」の全3巻は31日に同時発売される。

次のページへ (2/2) 【写真】寝そべる石田ゆり子と愛猫のキュートな2ショット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください