“限界突破”氷川きよし、黄金ドラゴンに乗った! 紅白で“ありのままの自分”を豪快に披露

大みそか恒例のNHK紅白歌合戦で、氷川きよしが登場し、“ありのままの自分”全開となるパフォーマンスを披露した。

紅白のリハーサルに臨んだ氷川きよし
紅白のリハーサルに臨んだ氷川きよし

第70回NHK紅白歌合戦 20回目の晴れ舞台でド派手パフォーマンス

 大みそか恒例のNHK紅白歌合戦で、氷川きよしが登場し、“ありのままの自分”全開となるパフォーマンスを披露した。

 20回目の出場となる今回の紅白は、「紅白限界突破スペシャルメドレー」と題して、アニメ「ドラゴンボール超」の主題歌「限界突破×サバイバー」と、20周年記念シングル「大丈夫」のスペシャルメドレーを歌った。ドラゴンボールシリーズの孫悟空の声で有名なレジェンド声優・野沢雅子さんが応援に駆け付け、曲紹介。

 際立ったのが、ド派手な衣装と演出だ。紅白の衣装で「大丈夫」を歌うと、ここで素早く衣装チェンジ。キラキラ光り輝く黒の衣装で再登場すると、金色のドラゴンに乗り、「限界突破×サバイバー」を熱唱した。

 豪快なヘッドバンキングをみせ、圧倒のパフォーマンスを示した。歌い終わると、笑顔で客席に手を振った。

 氷川はリハーサルが行われた28日の囲み会見で、「本当に感謝の気持ちでいっぱい。今回すごいことになるんです。イメージ付けを氷川きよしはずっとされていたので、ここでちょっと20周年の年にもっと自分らしく、イメージをぶち壊したいという気持ちがあって。時代も変わって自分らしくありのままの姿で音楽を表現したい」と、決意を語っていた。

次のページへ (2/2) 12月31日のリハーサル画像集
1 2