猪瀬直樹氏がYouTube開設 新国立競技場に疑問「なぜシャワートイレじゃない」

株式会社AnyUpは、作家で元東京都知事の猪瀬直樹氏が自身初となる公式YouTubeチャンネル【猪瀬直樹】を開設したと発表した。

猪瀬直樹氏【写真:Getty Images】
猪瀬直樹氏【写真:Getty Images】

公式YouTubeチャンネルを開設「【おもてなし】ってどういう事か考えなきゃ」

 株式会社AnyUpは、作家で元東京都知事の猪瀬直樹氏が自身初となる公式YouTubeチャンネル【猪瀬直樹】を開設したと発表した。今後、社会情勢や政治、歴史など世間を騒がせている話題に対して“猪瀬節”でコメントしていく予定で、第1弾コンテンツとして「ついに完成! 新国立競技場の問題を猪瀬直樹が語る!」が30日に配信開始となった。

 注目の初動画は8分35秒。猪瀬氏がカメラに向かって語るという内容で、いきなり完成したばかりの新国立競技場について「トイレがシャワートイレじゃないんだよね。何やってるんだね、一体。やっぱりトイレは日本が誇るシャワートイレだよね。何でやらなかったのか。問題だよね、これね」と疑問を呈している。

 さらに、自身が都知事時代に国際フォーラムをシャワートイレに変更したことも振り返り、「 【おもてなし】ってどういう事か考えなきゃ」と指摘。マラソンと競歩の会場が北海道に変更になったことについても「本来は東京でやるべき」とした上で、なぜ真夏に競技をやるのかも力説。この他、五輪誘致の時の“秘話”なども披露している。

 本人初の公式YouTubeチャンネルとして開設する【猪瀬直樹】では、ネット上でも熱論が交わされることの多い社会情勢、政治、歴史などのトピックに対し、猪瀬氏の目線で鋭く切り込む企画や、さまざまなジャンルで活躍するゲストを招き“旬なテーマ”でトークを繰り広げる企画等を展開予定。全編を通して“猪瀬節”全開の動画を配信していくという。

次のページへ (2/2) 【動画】猪瀬直樹が新国立競技場を語る
1 2