三浦大知、スーパーダンサーたちと“ドラゴンボール”歌う「熱い曲です」

大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分~)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、出場3回目の三浦大知が登場した。

リハを行った三浦大知
リハを行った三浦大知

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分~)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、出場3回目の三浦大知が登場した。

 披露する「Blizzard」はアニメ映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の主題歌。紅白出場は2017年の「三浦大知 紅白スペシャル」、2018年の「Be Myself~紅白スペシャル~」と3年連続。リハーサルでは6人のダンサーと入念に打ち合わせ。ステージのバックから炎が上がる中、息のあったパフォーマンスを見せた。三浦は「熱い曲ですね。いつもは自分1人でパフォーマンスしているんですけど、紅白スペシャルということで、新たに振り付けを作って、スーパーダンサーたちと踊りました」と話した。

 2019年の漢字は「繋」だ。「本当にたくさんの縁を頂き、いろんな方と繋がることができた1年だったかなと思っています。天皇皇后両陛下の式典にも呼んでいただきましたし、僕が子供の頃から好きだった方(ゲームデザイナーの小島秀夫さん)のゲームプロジェクト(「DEATH STRANDING」)にも参加させていただいた。自分の中では本当に夢のような出来事みたいなことがたくさんあって、夢が叶っていく年でした。この経験をしっかりと吸収して次に繋げていかないといけないなと思っています」とさらなる飛躍を誓っていた。

次のページへ (2/2) ガッツポーズ!
1 2