庵野秀明氏が制作「シン・仮面ライダー」23年3月公開へ「等身大ヒーローに憧れ熱中しました」

「仮面ライダー生誕50周年企画」発表会見が3日、東京・銀座の丸の内TOEI シアター1で行われ、「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られる庵野秀明氏の脚本・監督による映画「シン・仮面ライダー」の制作が発表された。2023年3月公開を予定している。

発表された「シン・仮面ライダー」のビジュアル【写真:(C)石森プロ・東映】
発表された「シン・仮面ライダー」のビジュアル【写真:(C)石森プロ・東映】

仮面ライダー生誕50周年プロジェクトが始動

「仮面ライダー生誕50周年企画」発表会見が3日、東京・銀座の丸の内TOEI シアター1で行われ、「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られる庵野秀明氏の脚本・監督による映画「シン・仮面ライダー」の制作が発表された。2023年3月公開を予定している。

 テレビ朝日系で放送中の「仮面ライダーセイバー」をはじめとする仮面ライダーシリーズは1971年4月3日夜7時半の放送開始から生誕50周年。3月28日より仮面ライダーWEBに、3つのカウントダウンタイマーが出現し、注目を集めていた。

 ゴジラ、ウルトラマンに続く、庵野監督による日本の特撮ヒーローの作品化は大きな話題を集めそうだ。会見では、映像で庵野氏のコメントを紹介。「50年前、当時の小学生男子のほとんどが仮面ライダーという等身大ヒーローに憧れ熱中しました。自分もその一人でした。50年前にテレビ番組から受けた多大な恩恵を、50年後に映画作品という形で少しでも恩返しをしたいという想いから本企画を始めました」と、企画のきっかけに触れ、自身の幼少期のヒーローであったことを明かした。

 続けて、「本企画は、子供の頃から続いている大人の夢を叶える作品を、大人になっても心に遺る子供の夢を描く作品を、石ノ森章太郎先生と東映生田スタジオが描いていたエポックメイキングな仮面の世界を現代に置き換えた作品を、そして、オリジナル映像を知らなくても楽しめるエンターテインメント作品を、目指し、頑張ります」と意気込みを述べた。そのうえで、「最初の企画メモから足掛け6年。コロナ禍の影響による制作スケジュールの変更から公開はほぼ2年先となりましたが、何卒よろしくお待ち願います」とメッセージを寄せた。

 00年から放送した「仮面ライダークウガ」など数々のシリーズを手掛けた白倉伸一郎・東映取締役テレビ第二営業部部長は「庵野監督は仮面ライダーに愛着を持っている世界的なクリエーター。愛に満ちた、初めて見る方でも楽しめる、エンターテイメントになると信じている。我々も一日も早く見てみたいと思っている」と期待。内容については「初代仮面ライダーをベースにしているが、(敵は)ショッカーという名前になるかは分からない。クモ男、コウモリ男の話からスタートしてもらうと、(気分が)アガるが、そこをジャッジするのは庵野監督です」とした。

 ほかにも、桐山漣、菅田将暉がW主演した平成仮面ライダーシリーズ第11作「仮面ライダーW(ダブル)」(09年)のその後を描くコミック「風都探偵」(週間ビッグコミックススピリッツ)のアニメ化が発表。シリーズのアニメ化は本作が初めて。22年夏に配信される。

 また、「仮面ライダーBLACK」(87年10月~89年10月放送)を「仮面ライダーBLACK SUN」(22年春展開)としてリブートさせる。「仮面ライダーBLACK」は石ノ森章太郎氏が最後に関わった作品。映画「凶悪」「孤狼の血」の白石和彌氏が総監督を務める。

 最後に、白倉氏は「50周年だけではなく、その後も続いていく。100周年に向け、全人類のヒーローになっていく。初代仮面ライダーから恩恵を受けた我々がどう返していくかがテーマです」と、50周年プロジェクトに向けての決意を語った。

次のページへ (2/2)
1 2
あなたの“気になる”を教えてください