吉沢亮、イケメンと気づいたのは小学5年生「なんで4年生まで気が付かなかったか…」

俳優の吉沢亮が12月27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズでポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の初日舞台あいさつにサプライズで登場した。

(左から)ポン・ジュノ監督、吉沢亮、主演のソン・ガンホ
(左から)ポン・ジュノ監督、吉沢亮、主演のソン・ガンホ

映画「パラサイト」初日舞台挨拶

 俳優の吉沢亮が12月27日、TOHOシネマズ六本木ヒルズでポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」の初日舞台あいさつにサプライズで登場した。

 本作は、第72回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の最新作。全員失業中で、“半地下住宅”で暮らす貧しいキム一家が、“高台の豪邸”で暮らす裕福なパク氏の家で働き始めることから起こる悲喜劇。

 ポン・ジュノ監督の「母なる証明」がベストムービーという吉沢は、舞台挨拶の後半に登場。「(「パラサイト」は)純粋にすげえ!と思った。圧倒的なエンタメ。笑い、涙、ホラー、サスペンスが完璧に融合されている。そこに、韓国の格差社会が根底にある。絶対観るべき映画。映画好きはもちろん、普段は映画を観ない人にこそ、観ていただきたい」と大絶賛。ポン・ジュノ監督は「実際の映画よりも素敵に聞こえる。うれしい。ところで、自分がイケメンだと気づいたのはいくつ?(笑)」と質問。吉沢が「5年生ですかね」と真顔で答えると、「なんで4年生まで気が付かなかったのかな」と返すなど楽しげなやりとりが続いた。

 監督は行定勲監督の「リバーズ・エッジ」での吉沢の演技を観ていたそうで、「行定監督とは親しくさせてもらっている。とても素敵な青春の姿を演じていましたね」。吉沢は韓国を代表する世界的な監督を前に、「この場にいるのがおこがましいくらいですが、そんな人に観ていただいたとは……」と恐縮しきりだった。司会者からは「将来は映画でご一緒できるといいですね」と向けられると、互いに「よろしくお願い申し上げます」とばかりにお辞儀をしあい、吉沢は「そんな夢のような日がくれば、うれしい」と話した。

 本作はゴールデングローブ賞3部門ノミネートを筆頭に、オスカー前哨戦の各賞で受賞し、アカデミー賞も有力視されているが、監督は「どうなるか分からない。(前年に「万引き家族」でパルムドールを受賞した)是枝裕和監督もまったく同じプロセスをたどっている。トロント映画祭でお会いしたら、『忙しくなるけど、頑張って』と言われて、うれしかった。万が一、オスカーにノミネートされたら、もう一度観てください」とユーモアたっぷりにPR。最後に、ソン・ガンホは「『パラサイト』は誰かを恨んだり、憎んだりという映画ではない。どう生きるべきかという問いかけの映画です」。監督は「この映画が皆さんの頭にパラサイト(寄生)してくれたら、うれしいです」と日本での大ヒットを祈った。

「パラサイト 半地下の家族」は12月27日からTOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ梅田にて先行公開され、2020年1月10日から全国公開される。

次のページへ (2/2) 吉沢亮が花束を持って登場
1 2