松井玲奈、映画初単独主演で筧美和子と姉妹役「こんなに触っていいのだろうか」

映画「幕が下りたら会いましょう」(前田聖来監督)の制作発表会が15日、都内の神田明神・明神会館で行われ、女優の松井玲奈、筧美和子らが登壇した。

映画「幕が下りたら会いましょう」制作発表会に登壇した(左から)筧美和子と松井玲奈【写真:ENCOUNT編集部】
映画「幕が下りたら会いましょう」制作発表会に登壇した(左から)筧美和子と松井玲奈【写真:ENCOUNT編集部】

不器用にもまっすぐに生きる女性を描く 映画「幕が下りたら会いましょう」

 映画「幕が下りたら会いましょう」(前田聖来監督)の制作発表会が15日、都内の神田明神・明神会館で行われ、女優の松井玲奈、筧美和子らが登壇した。

軽トラからセンチュリー、バイクにバギー…大御所タレントの仰天愛車遍歴(JAF Mate Onlineへ)

 本作は、松井演じる麻奈美と筧演じる尚の姉妹をメインに、現代社会の抱える問題に直面しながら、不器用にもまっすぐに生きる女性を描くエンターテインメント作品。新型コロナウイルス禍で女性の離職率や自殺率が増えている複雑な時代だからこそ、女性が奮闘する姿を描き、見た人の背中をそっと押すような作品で、前田監督は「孤独感を感じることも多い今、周りの大切な人々へ思いを伝えるきっかけとなる作品にできたら」と説明した。

 今年30歳になる松井は、初の映画単独主演。「活動する中で年齢というものを気にしてはいませんが、節目になる年に、こうして作品のメインに置いてもらえることはありがたいことだと思います」とコメントした。

 初共演となる筧については、「ずっとかわいらしい方だと思っていて、今も目が合ってドキドキしました」とにっこり。共演シーンは、それほど多くないというが、「わずかな時間でも姉妹に見えていたらいいな。作中では、ずっと尚のことを思ってお芝居をしていたので、頭の中で常に筧さんのことを思っていました」と、撮影を振り返った。

 筧も、「松井さんが麻奈美そのもので存在されていたので、自然に姉妹関係を築けた。自然な感覚が作れたのは、松井さんのおかげです」と、姉妹の絆をアピール。撮影時のエピソードとして、「好きなかき氷、小説の話になると、熱く語られていて、にこにこかわいかったです」と松井の素顔を明かすと、松井も「実家が美容室という設定だったので、筧さんの髪の毛を触ることが多かった。『こんなにたくさん触っていいのだろうか』と、役得だなと思いました」と、妹にメロメロの様子だった。

 質疑応答では、前田監督が現在も会社員として働きながら映画制作を続けているということで、「女優以外でやってみたい仕事は?」という質問が。実家が天ぷら屋の筧は、「小さい頃から、父の姿を見てきたのが影響なのか、いつかご飯屋さん開くのが夢のひとつです」と回答。一方、松井は「ディズニーランドのキャストさんになりたい」と目を輝かせ、「ジャングルクルーズの船長さんになり、ジャングルの中を案内するせりふを覚えて、臨場感たっぷりにお芝居をして、来た方に楽しんでいただけるような時間を作ることができたらいいなと、何度も想像しています」と明かした。

 本作は、11月に新宿武蔵野館ほか、全国順次ロードショー。松井、筧のほか、「カメラを止めるな!」でブレークしたしゅはまはるみ、女優の日高七海、女性ファッション誌「non-no」専属モデルとしても活躍する江野沢愛美ら、個性豊かな女優陣が出演し、他人には分かり得ない悩みやトラウマを抱えながらも力強く生きている女性を演じ物語を彩る。

次のページへ (2/2) 【写真】出演者陣の集合ショット、実際の写真
1 2
あなたの“気になる”を教えてください