「365日ほぼ毎日蕎麦」DEENの池森秀一 趣味を超えた本気の「そば本」を発売

「このまま君だけを奪い去りたい」をはじめ数々のラヴソングの名曲を生み出してきたDEEN。そのボーカル・池森秀一が、エッセイ本「DEEN池森秀一の365日そば三昧」を2020年1月23日(木)に発売する。

「十割蕎麦を浴びるほど食べることが夢」と語るDEEN池森
「十割蕎麦を浴びるほど食べることが夢」と語るDEEN池森

エッセイ本「DEEN池森秀一の365日そば三昧」を発売

「このまま君だけを奪い去りたい」をはじめ数々のラヴソングの名曲を生み出してきたDEEN。そのボーカル・池森秀一が、エッセイ本「DEEN池森秀一の365日そば三昧」を2020年1月23日(木)に発売する。

 デビュー25年を超え、次々と新たなフィールドでチャレンジし続けるDEENの池森は、実は大の蕎麦好きという一面でも知られている。365日ほぼ毎日蕎麦を食べているという偏愛ぶりは、TBSテレビ「マツコの知らない世界」でも取り上げられ、大きな話題となった。

「コンサートツアーでは全国各地の蕎麦屋を食べ歩く」「家でも昼食はほぼ蕎麦」「十割蕎麦を浴びるほど食べることが夢」「蕎麦つゆにたっぷり浸してもOK」「乾麺をスーパーの食材で調理するのも大好き」などなど、そのスタイルは適度にユルくマニアック。最近では蕎麦をテーマにした取材で週刊誌、専門誌等に登場する機会も増え、池森ならではの蕎麦の楽しみ方を紹介している。本では、池森が食べ歩いた全国の蕎麦店のエピソードをはじめ、自宅での蕎麦レシピも紹介。「お店は基本十割蕎麦、でもスーパーで乾麺でも美味しい蕎麦は作れる」など、池森流のそば三昧な365日を紹介する。

 DEENは絶賛発売中のラブソング・セルフカバーBEST ALBUM「Ballads in Love」を引っ提げて、ファンのリクエストを元に作り上げるライブツアーが、来年1月からZepp Tokyo公演を皮切りにスタートする。

次のページへ (2/2) 池森秀一 蕎麦屋での一枚
1 2