Creepy Nutsが話題のドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」のオープニングテーマを担当

日本一のラッパー・R-指定と、世界一のターンテーブリスト・DJ松永による1MC1DJのHIP HOPユニット、Creepy Nutsの最新曲「オトナ」が、テレビ東京 ドラマ24 「コタキ兄弟と四苦八苦」 のオープニングテーマとなることが決定した。

Creepy Nutsの2人 左からR-指定、DJ松永
Creepy Nutsの2人 左からR-指定、DJ松永

最新曲「オトナ」が「コタキ兄弟と四苦八苦」オープニングテーマに決定

 日本一のラッパー・R-指定と、世界一のターンテーブリスト・DJ松永による1MC1DJのHIP HOPユニット、Creepy Nutsの最新曲「オトナ」が、テレビ東京 ドラマ24 「コタキ兄弟と四苦八苦」 のオープニングテーマとなることが決定した。

「きのう何食べた?」や「勇者ヨシヒコ」、「孤独のグルメ」など、数々の挑戦的な作品を放送しているテレビ東京金曜深夜の「ドラマ24」枠。2020年1月クールは、古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を、芳根京子がヒロインを務める「コタキ兄弟と四苦八苦」がスタートするが、そのオープニングテーマを書下ろしで提供した。

 R-指定は今回の決定に「ドラマのテーマなんていう大きなお話を頂けて大変光栄です!しかもオープニングで、出演される方々と一緒にパフォーマンス出来る機会も頂き、とても嬉しく思います。ドラマはもちろん、Creepy Nutsの新曲も一緒にお楽しみください!」とコメントし、DJ松永は「オープニング映像の撮影に参加させて頂いたのですが、プロの俳優さんは音楽に合わせて身体を動かすだけで、こんなにも画になるもんだなと驚きました。古舘さん、滝藤さん、芳根さんのお三方。カメラを通した瞬間に光り輝いていました。皆さんにも早く観て欲しいです」と映像の出来栄えに満足の様子。

 音楽活動はもちろんのこと、バラエティー番組、ラジオなど活動の幅を爆発的に広げているCreepy Nutsの2人が手掛けた注目の新曲は、作品テーマである「四苦八苦」を軸に緻密に構築された韻を絡めた歌詞と、中毒性の高いトラックが絶妙に絡み合いCreepy Nutsらしさあふれる楽曲に仕上がっている。ドラマのオープニング映像にも主要キャスト3名とともにCreepy Nutsの出演も予定されているので、楽曲解禁とドラマの初回オンエアにも注目だ。

 ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」はテレビ東京系で、2020年1月10日(金)に放送がスタートする。

次のページへ (2/2) ドラマのキャスト3名とCreepy Nuts
1 2