前澤友作氏が「お絵描き」企画 ドラえもんなどに挑戦「とても上手く描けました」

ZOZOの創業者・前澤友作氏(44)が18日に自身のYouTubeチャンネルで7本目となる動画を投稿した。

前澤友作氏【写真:Getty Images】
前澤友作氏【写真:Getty Images】

YouTubeチャンネルで7本目の動画を公開「抽選で1名様に差し上げたい」

 ZOZOの創業者・前澤友作氏(44)が18日に自身のYouTubeチャンネルで7本目となる動画を投稿した。チャンネル登録者数20万人突破を記念して、読者プレゼント用に絵を描くという内容。ツイッターでは、その途中の画像も投稿しており、フォロワーから「面白そうw」「このじてんで…ヤバそう」などと声が上がっている。

 前澤氏は「#07【チャンネル登録20万人突破記念】前澤初プレゼント企画」とのタイトルでYouTubeに動画を公開。その中で「なんとチャンネル登録者数、さきほどみたら20万人を超えておりました。皆さん本当にありがとうございます」と視聴者への感謝の言葉を述べている。
 
 そして、「その感謝を込めまして、僕これから1枚の絵を描きますので、その1枚の絵をいつも観ていただいている方の中から抽選で1名様に差し上げたいと思います。僕の直筆の絵を」と企画の趣旨を説明。カメラが回っている前で絵を描いている。

 テーマは「ドラえもん」。理由については「絵の基礎でしょ」と明かし、約1分半で描き終えてサインを添えている。その後、プレゼント用ではないと前置きした上でキン肉マン、ミッキーマウスにも挑戦。終始、笑い声を漏らしており、楽しんでいる様子がうかがえる。

 前澤氏はツイッターでも「【お絵描き】ドラえもんとキン肉マンとミッキーマウスを描いてみました。とても上手く描けました」と投稿。ドラえもんを描く途中の画像を添えている。これをみたフォロワーから「この画像だけで既に上手いかどうかわかりましたw」「個展を…」「面白そうw」「画伯!」「このTwitterの画像から想像してもかなりのピカソアートですね」「んー。危険な香り」「もうこの時点でドラえもんじゃないですw」「おお!案外な画伯っぷりです」などと声が上がっていた。

次のページへ (2/2) 前澤氏が「ドラえもん」を描く途中の画像
1 2