木村拓哉 初めての警察学校教官役に「全員で作り上げた。自分の中で自慢の作品」

俳優の木村拓哉が18日、都内で行われたフジテレビ開局60周年特別企画「教場」(来年1月4日、5日午後9時~)の完成披露試写会に登場した。同作は警察学校を舞台に繰り広げられる様々な人間模様を描くヒューマンドラマ。脚本・君塚良一、演出・中江功が“最強タッグ"を組んだ衝撃の問題作だ。

「教場」完成披露試写会に登壇した出演者
「教場」完成披露試写会に登壇した出演者

フジテレビ開局60周年特別企画「教場」完成披露試写会

 俳優の木村拓哉が18日、都内で行われたフジテレビ開局60周年特別企画「教場」(来年1月4日、5日午後9時~)の完成披露試写会に登場した。同作は警察学校を舞台に繰り広げられる様々な人間模様を描くヒューマンドラマ。脚本・君塚良一、演出・中江功が“最強タッグ”を組んだ衝撃の問題作だ。

 原作は、長岡弘樹氏の「教場」シリーズ(小学館)。主演として冷徹無比な教官の風間公親役を演じる木村は作品の出来栄えについて、「僕らもきょう初めて前編(1月4日放送)を拝見しました。(教官)役もそうですし、経験としても僕は初めて。見終わって、(登壇した)キャストとはハイタッチをさせていただき、監督とは力を込めた握手をさせていただきました。今回の作品に携われたことを光栄に思っています」と語った。

 この日は、共演する工藤阿須加、川口春奈、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平ら若手の実力派俳優も集結。

 警察学校の生徒を演じた工藤は「(撮影前の訓練の練習に)木村さんが風間教官として付き合ってくださった。風間教官の、警察学校の緊張感が(現場に)あった。それがないと精度も上がらなかったと思う。真夏の暑い中、ヒーヒー言いながらやりました」と現場での一体感を語った。

 白髪、義眼の風間教官役を演じた木村について、川口は「(普段の)木村さんに見られるだけで、『あっ見抜かれている』という感覚がありますが、義眼になると、さらに恐怖とか緊張感もありました」とリアルな教官役に徹した木村と現場の緊張感を伝えた。

 最後に木村は「出演者スタッフ全員で力を合わせて『教場』を作りました、みなさんに胸を張ってお届けできます。実はこういう学校を卒業した方のみが現役の警察官をやっている。これから街で警察官を見かけたら、『ありがとう』『お疲れさま』と心の中でささやいていただけたら僕らも作った甲斐があります」と実感を込めた。

次のページへ (2/2) 笑顔で質問に答える木村拓哉
1 2