9年ぶりの「カイジ」最終章に藤原竜也「面白い。期待以上」と自信たっぷり

1996年から講談社「ヤングマガジン」で連載され、シリーズ累計2100万部を超える大ヒットコミック「カイジ」を映画化したシリーズ最終章。9年ぶりの新作は原作者・福本氏による完全オリジナルストーリーとなった。

(左から)佐藤東弥監督、関水渚、藤原竜也、福士蒼汰、吉田鋼太郎、福本伸行氏
(左から)佐藤東弥監督、関水渚、藤原竜也、福士蒼汰、吉田鋼太郎、福本伸行氏

映画「カイジ ファイナルゲーム」プレミアム試写会

 映画「カイジ ファイナルゲーム」ようこそクズの皆様 圧倒的プレミアム試写会が12月16日、東京・高輪のClub eX で行われ、主演の藤原竜也(37)、福士蒼汰(26)、関水渚(21)、吉田鋼太郎(60)、佐藤東弥監督(60)、福本伸行氏(61)が登壇した。

 1996年から講談社「ヤングマガジン」で連載され、シリーズ累計2100万部を超える大ヒットコミック「カイジ」を映画化したシリーズ最終章。9年ぶりの新作は原作者・福本氏による完全オリジナルストーリーとなった。

「カイジ 人生逆転ゲーム」(2009年)、「カイジ2 人生奪回ゲーム」(11年)に続き、悪魔的ギャンブラー、カイジ役で主演した藤原は「9年ですからね。ずいぶん経ったなという思いです。面白いです。期待以上のものになっています」と自信たっぷり。吉田は「藤原君とは舞台では一緒になっていますが、映像では初めて。念願が叶いました。藤原君の宿敵の役だけども、最後は結ばれますので、楽しみにしてください」と言うと、会場は大受け。藤原は「それ、違う作品じゃないですか」と冷静にツッコミ。原作の福本氏は「僕は持っているなと思っているんです。吉田さんが『おっさんずラブ』でブレークして、その後に『カイジ』をやっていただいた」と大喜びだった。

 最後は、出演に「プライベートでは勝負強いか?」と司会者が質問。福士は「僕は弱いと思います。負けるかもしれないので、人一倍準備することにしました」と言い、吉田とじゃんけん対決すると、見事に勝利。さらに、「勝負強いです。絶対に負けないです」と言い放つ藤原に勝負を挑んだが、こちらは藤原の貫禄勝ちだった。藤原は「(カイジは)ここまで長く、ここまで大きな作品になるとは思わなかった」と振り返っていた。

「カイジ ファイナルゲーム」は2020年1月10日全国公開。

次のページへ (2/2) 藤原竜也と福士蒼汰のじゃんけん勝負!
1 2