大仁田厚に整形疑惑を直撃…「ウワサを広めた蓮舫には投票しない」

平成という時代を駆け抜けた大仁田厚。プロレスが本業だが、その“多動力”から、芸能などの様々な分野にも進出した。2001年の参院選では自民党から比例区で当選し、政治家にも転身。一方で、数々の疑惑で世間を賑わせた。今回はその疑惑を直撃してみた。

鋭い視線を送る大仁田【写真:編集部】
鋭い視線を送る大仁田【写真:編集部】

邪道インタビュー(2)

 7月に行われるデビュー45周年記念大会のチケットが、開催1ヶ月半前にもかかわらず完売し、増席分も残りわずかという大仁田厚。プロレスが本業だが、その“多動力”から、平成時代には芸能などの様々な分野にも進出した。2001年の参院選では自民党から比例区で当選し、政治家にも転身。一方で、数々の疑惑で世間を賑わせた。今回はその疑惑を直撃してみた。

――平成ではプロレス以外にも、明治大学に入学したり、国会議員になったりもしました。

「本当に色んなことをしたよね。大河ドラマにも出たし、映画も撮った」

――東京・月島を舞台にした映画『monja』ですね。

「まあ、あれは不評だったけど…。しょうがない。本当のことを話すと、『monja』ではなくて、『棒倒し』というのを撮りたかったんだよ。昔は『棒倒し』が運動会のメーンみたいなところがあってさ。でも、経費がないから『monja』になったんだよ」

――映画には、大仁田さんの“親分”だった自民党の古賀誠さんも出ていました。

「『お願いします』って頼んだんだよ。ちょっとグレードを上げておこうかなと思って。女優の朝丘雪路さんにもお願いしてさ」

――41歳の時には高校受験もしました。

「そうだな、高校生活もやった。17、18歳の奴らと勉強したりするのは面白かったな」

全日本時代の大仁田【写真提供:株式会社大仁田屋】
全日本時代の大仁田【写真提供:株式会社大仁田屋】

カンニング疑惑は「見えちゃったかもしれない」

――明治大学時代は、カンニング疑惑もありましたね

「つかまれば、それはカンニングだよ。捕まってねーし、オレ。あの時はひどいこと書かれたなあ。試験が終われば、みんなで『どうだった』とかって確かめるじゃん。それを記事にしたのが週刊誌だよ。しかも、巻頭ページだぞ。日本も平和だなと思ったよ」

――つまり、カンニングはしていないと。

「見えちゃったことはあったかもしれない」

――国会議員のころには整形疑惑も出ました。

「書かれたよな。『顔が変わった』とかな」

――反論があると。

「俺は整形なんてしたことないよ。そのまんまの顔だ。ただ、耳は“柔道耳”を治している。その時、顔がはれたんだよ。たぶん、ウワサを広めたのは蓮舫だな。参議院文教科学委員会でたまに顔を合わせていたから。耳を治した時も、蓮舫から『腫れているね』と言われて、俺が『耳を整形したんだよ』と言ったら、その直後に週刊誌から連絡がきたんだもん。蓮舫はひどすぎる。これだけは書いておいてくれ。お前が選挙に出ても、絶対に投票しない」

次のページへ (2/2)
1 2