元NGT48 菅原りこインタビュー 三谷幸喜舞台に「私が見せない部分を出していきたい」

元NGT48の菅原りこ(19)が女優として本格始動する。三谷幸喜作の舞台「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」(来年1月9日開幕、ヒューリックホール東京)で、主人公・鏑木研四郎(佐藤B作)の娘・鏑木ちよみ役を演じる。5月にNGT48を卒業した菅原は新たな一面を見せようと意欲満々だ。インタビューで胸中に迫った。

2度目の舞台に挑戦
2度目の舞台に挑戦

三谷幸喜舞台「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」オファーに「私がいてもいいのか」

 元NGT48の菅原りこ(19)が女優として本格始動する。三谷幸喜作の舞台「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」(来年1月9日開幕、ヒューリックホール東京)で、主人公・鏑木研四郎(佐藤B作)の娘・鏑木ちよみ役を演じる。5月にNGT48を卒業した菅原は新たな一面を見せようと意欲満々だ。インタビューで胸中に迫った。

――舞台は2回目です。前回は2018年5月にAKB48グループとして行った劇団れなっちの「ロミオ&ジュリエット」でしたけど、どうでしたか?

「まだNGT48にいた頃の舞台で、初めての舞台でした。踊って歌うのとは全く違う緊張感で、お客さんの前で演技をするというのも初めてだったので、楽しさもあったんですけど、その中に緊張がすごくあって、セリフを間違えないようにというのがありました。その時、グループのコンサートの時期と重なっていて、2つ掛け持ちという感じでお稽古をしたり、ダンスとかレッスンをやったりで、頭がぐちゃぐちゃになったりしたんですけど、乗り越えて舞台は成功しました」

――当時から女優への憧れはありましたか。

「その時からずっとありました。有名人の方(AKBグループの先輩方)をちっちゃい時から画面越しでずっと見てきて、実際お会いした時に『あ、すごい輝かしい世界だな』と思って、私もそこを目指していきたい、舞台に立って演技をしたり、スクリーンの中で演技をしたり、そういう経験をしていきたいと思いました」

――初舞台の感想は?

「AKB48グループのいろんなグループの先輩方と話す機会がすごい増えたり、毎日会うので絆が深まったような感じでとても楽しかったです。舞台では初めてほかのグループの皆さんが集まって、みんなで1つの目標に向かって頑張ろうと進んだので、成功することができたんじゃないかなと思い、それがとても勉強になりました」

――いろんな役者さんに交じって演技するのは今回が初めてです。オファーが来た時の心境を教えてください。

「それは慌てて慌てて……。連絡が来た時に、『舞台が決まったんだ!』と、そこからすごいびっくりして。『どんな舞台なんだろう』と思ったら、コメディーで、コメディーも初めてだからすごい緊張してきて、次に『どなたと共演するんだろう?』と思ってキャストの顔ぶれを見た瞬間に恐怖を覚えてきて『こんなにも素敵な豪華なキャストさんの中に、私がいてもいいのか』と思うくらい、本当に恐怖感で震えてしまって、圧倒されました」

緊張、恐怖を乗り越え前に進む
緊張、恐怖を乗り越え前に進む

鏑木ちよみ役は「私とも照らし合わせることもできる役柄」

――三谷作品のイメージはありますか。

「三谷幸喜さんの作品は面白くて、見ごたえのある作品がたくさんあるなと思っています。私が見た中では『記憶にございません!』という映画に感激させていただいて、その時にはやっぱり素敵な作品ばかりだなと思って。そんな方の作品に私が携われることが奇跡のようで本当に嬉しいです」

――今回の役柄についての印象は。

「私が演じるのは(鏑木)ちよみ役という、佐藤B作さんが演じる鏑木研四郎さんの娘役なんですけど、ちよみのよさがいっぱい出てきていて、いろんな面が見れると思うんです。私が演じるちよみは素直で、だけど時々ちょっと迷惑をかけるみたいな感じで、私とも照らし合わせることもできる役柄だと思うので、とても共感の得られるすごいいい役をもらえたなと思って、とても感謝しています」

――演技の勉強はしていますか?

「画面越しにこういう時はどういう表情をしたらいいのかとか、こういうセリフの時にはどこを強く言ったらいいのかだったり、感情の込め方などを勉強していたんですけど、いざ台本が届いて台本を読んでいると、ここはどういうふうに読んだらいいんだと困っちゃうことが多くなっちゃって、画面越しで演技されている役者さんの演技はやっぱりすごいんだなと思って、すごい衝撃でした。こんなにも台本が来ると違うんだなというのも感じることができましたし、本当に勉強になることばかりで、『よし、これも乗り切ろう!』という一つの目標になりました」

――共演陣はベテランばかりです。

「前回はAKB48グループの皆さんと一緒だったということで、安心感に包まれてやっていたんですけども、今回はベテランの方々ばかりなので、皆様に圧倒されて読んでいるセリフも顔が浮かぶたびに消えていってしまうみたいな時もあるんです。圧倒されないように全力で頑張りたいと思います」

――3日に都内で行われた会見では「共演者の演技をじっくり見て勉強します」と言った菅原さんに対し、佐藤さんが「そんな余裕はない」と“ダメ出し”したことが話題になりました。

「その言葉には感謝しかないです。『今、勉強』と言っていたら、本当にこの先、時間がない中でお稽古があったりとか、時間のない中でドラマの撮影とか映画の撮影がいきなり始まりますってなった時に、勉強しているヒマはないなと本当に思ったので。勉強するなら、自分が舞台が決まる前とか本当に時間がある時に、ドラマとかたくさんの方の作品を見て、勉強することが一番早いのかなと。自分の出る作品でたくさんのキャストの演技を見て勉強をしたいとなると、本当に難しいなと思って、佐藤B作さんの言う通りだなと思ったので、とても感謝の気持ちしかないです。気づかされました。あの言葉に感謝です」

――この人と共演して嬉しいという人はいますか。

「あめくみちこさんと一緒に共演できたことが嬉しいです。一番最初に親しくしゃべってくださったのがあめくみちこさんで、記者会見でご一緒させていただいた時に親身にお声をかけてくださったりとか、私がしなきゃいけないお茶を出すというのも、私に『ほら、見て、お茶があるわよ』という感じで用意してくださったりとか、なんてきれいなお方なんだろうというふうにとても思って、改めて共演できて嬉しいなという気持ちが心の中でいっぱいです」

――先輩ばかりで緊張しませんか。

「ビジュアル撮影の時に一番最初にお会いできたのが小林美江さんというビビアン役の方なんですけど、その方とメイク中にちょっとお話をさせていただいて、その小林美江さんから、ずっと前に私の演じるちよみ役を演じたことがあるんだよ、というお話を聞いて、私もちよみ役で『困ったな』とか『ここはどうすればいいんだろう?』と思ったら、小林美江さんにちょっと頼ろう、ちょっとアドバイスをもらったりとかもしたいなと思っています」

次のページへ (2/2) 目標はマルチなタレント活動
1 2