大泉洋、主演映画大ヒットも「鬼滅のせいで目立たない」 しゃべり倒してボヤき連発

俳優の大泉洋が23日、都内で映画「新解釈・三國志」の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。大泉は「職業が舞台あいさつ。舞台あいさつをするために映画に出ている」と話し、30分の舞台あいさつでしゃべり倒した。

映画「新解釈・三國志」の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した大泉洋【写真:ENCOUNT編集部】
映画「新解釈・三國志」の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した大泉洋【写真:ENCOUNT編集部】

“大泉節全開”の「新解釈・三國志」舞台あいさつ

 俳優の大泉洋が23日、都内で映画「新解釈・三國志」の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。大泉は「職業が舞台あいさつ。舞台あいさつをするために映画に出ている」と話し、30分の舞台あいさつでしゃべり倒した。

誰もがアッと驚く夢のタッグ…キャプテン翼とアノ人気ゲームのコラボが実現

 11日に公開されると、22日までに113万人を動員し、興行収入は17.8億円を突破しているという今作。スマッシュヒットを記録しているが、大泉は「『鬼滅の刃』のせいで全然目立たない」と口を尖らせ、「同じ東宝。せめて『新解釈・三國志』でも『鬼滅』のグッズを配ってほしい。何回も見ているんだし、1回くらい『新解釈』を見てくれてもいい」とボヤきまくった。

 さらに、「お正月にかけて(鬼滅)もさすがに弱ってくると思う。そんなにいつまでも集中していないでしょ」と公開から11週を迎えた『鬼滅』超えのヒットを誓った。

 締めのあいさつを求められた大泉は「まだまだ私は人前にいたい」と名残惜しそうに話し、「『鬼滅』のグッズがもらえるように東宝に働きかけます」と最後まで“大泉節全開”だった。

 超有名歴史エンターテイメント「三國志」を「銀魂」「今日から俺は!!」などを手がけてきたコメディー界屈指のヒットメーカー・福田雄一監督が完全オリジナルとして手掛けた今作。この日の舞台あいさつは日本全国47都道府県の111の劇場で生中継された。

次のページへ (2/2) 【写真】ボヤきまくった大泉洋の別カット
1 2
あなたの“気になる”を教えてください