鈴木大地長官×チコちゃん×バブリーダンスakaneさん!? ダンス動画でコラボ実現

スポーツ庁が、女性の運動不足解消を促進するキャンペーンでYouTubeにオリジナルダンス「Like a Parade」(ライク・ア・パレード)の動画を公開。鈴木大地スポーツ庁長官、NHKのチコちゃん、バブリーダンスの“生みの親”akaneさんのコラボが実現している。

鈴木大地スポーツ庁長官(右)、NHKのチコちゃん(中央)、振付師akaneさんのコラボが実現した
鈴木大地スポーツ庁長官(右)、NHKのチコちゃん(中央)、振付師akaneさんのコラボが実現した

女性の運動不足解消へ、スポーツ庁がオリジナル動画を公開

 スポーツ庁が、女性の運動不足解消を促進するキャンペーンでYouTubeにオリジナルダンス「Like a Parade」(ライク・ア・パレード)の動画を公開。鈴木大地スポーツ庁長官、NHKのチコちゃん、バブリーダンスの“生みの親”akaneさんのコラボが実現している。

 1分35秒の動画には、女性スポーツアンバサダーのチコちゃん、全国の高校生、鈴木大地スポーツ庁長官、スポーツ庁職員が参加。振付は「“楽しさ”をきっかけに思わず体を動かしたくなる」がテーマとなっており、バブリーダンスが社会現象を起こしたakaneさんが担当した。

楽しく体を動かせる
楽しく体を動かせる

 動画の説明欄では、スポーツをしない10代の女性の多くは「面倒くさい」という理由が大半を占めており、スポーツとは本格的な競技など限定的なイメージが多いということもわかったことから、「歩く」「ダンス」など楽しく体を動かすこともスポーツに含まれるというイメージの拡大が必要と捉え、動画を公開したとしている。さらに、若年期の運動不足による健康リスクの周知も必要とあって、“楽しさ”をテーマにダンスを制作し、体を動かすことの楽しさを体感、日常生活の中にスポーツを取り入れるきっかけとなることを目指しているという。

次のページへ (2/2) さぁ踊るよ!のかけ声から元気なダンス
1 2