国民的美少女グランプリ井本彩花が“青春浪費”コメディーに挑戦! 学園ドラマ初出演へ

「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞した女優の井本彩花(16)が、来年1月にスタートするテレビ朝日系ドラマ「女子高生の無駄づかい」(金曜午後11時15分)に出演することが決まった。学園ドラマに初出演となる。

ドラマ「女子高生の無駄づかい」に出演することが決まった井本彩花
ドラマ「女子高生の無駄づかい」に出演することが決まった井本彩花

来年1月スタートのテレビ朝日系ドラマ「女子高生の無駄づかい」に出演 “先輩”岡田結実が主演の意欲作

「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞した女優の井本彩花(16)が、来年1月にスタートするテレビ朝日系ドラマ「女子高生の無駄づかい」(金曜午後11時15分)に出演することが決まった。学園ドラマに初出演となる。

 同作は主演を女優の岡田結実(19)が務め、ただ無駄に青春を浪費するJK(女子高生)たちの日常を描いた挑戦的コメディーだ。共演に恒松祐里(21)、中村ゆりか(22)ら。クセの強めな担任役を町田啓太(29)が演じる。

 井本が演じるのは、「マジョ」があだ名の九条翡翠(くじょう・ひすい)。ホラーやオカルトを好む内気な性格で、人見知りなコミュ障でもある。双子姉妹の姉で、根は優しく、自分のコミュ障を改善し友達を作ろうとする。井本は「マジョは普通の人が聞いたら『えっ?』ってなるようなことが好きで静かな子。マジョにとってはそれが趣味であり、没頭できる場所なので、その独特な世界観を上手く表現していけたらいいなと思いますし、マジョを演じるのが凄く楽しみです!」と意気込みを語った。

 所属事務所の先輩で、「オスカル!はなきんリサーチ」(テレビ朝日系)でも共演している岡田は「今回共演することが決まって今から楽しみです。演技レッスンを何回か一緒にしましたが、演技のアイディアもたくさん持っていますし、負けず嫌いなところもありつつ、素直に演技をしていたので、今から本当に楽しみです」と、激励のコメントを寄せた。

次のページへ (2/2) ホラーやオカルトを好む人見知りな「マジョ」役
1 2