15周年の「ハンサム」写真展にイケメンが勢ぞろい! 小関裕太「歴史の重みを感じました」

アミューズ所属の若手俳優による恒例のファン感謝祭、通称「ハンサム」の15周年を記念した写真展「15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM」が30日、都内で開催され、俳優の小関裕太(24)、松岡広大(22)、甲斐翔真(21)、渡邊圭祐(26)、鈴木仁(20)が会見に出席した。

(左から)渡邊圭祐、松岡広大、小関裕太、甲斐翔真、鈴木仁
(左から)渡邊圭祐、松岡広大、小関裕太、甲斐翔真、鈴木仁

「ハンサム」の15周年を記念した写真展が渋谷からスタート

 アミューズ所属の若手俳優による恒例のファン感謝祭、通称「ハンサム」の15周年を記念した写真展「15th Anniversary SUPER HANDSOME MUSEUM」が30日、都内で開催され、俳優の小関裕太(24)、松岡広大(22)、甲斐翔真(21)、渡邊圭祐(26)、鈴木仁(20)が会見に出席した。

 「ハンサム」初となる写真展が開催される心境を聞かれた渡邊は「すごいこと。僕は今回新人として出させていただくのですが、本当に光栄で、この場を存分に楽しみたいです」と喜び伝え、松岡は「僕たちにとって『ハンサム』というジャンルはすごい武器。会場には等身大のパネルもあるので女性ファンに楽しんでほしい」と写真展を紹介。

 また、小関は「僕は『ハンサムライブ』が出来上がった15年前から、ずっと見ていて、憧れの場でした。数年前にようやく参加することができて、過去の写真を見ると、改めて15年間の重みを感じました」とこれまでの歴史を振り返った。甲斐は「自分が初めて『ハンサムライブ』に出たのは2016年で、まだ3年くらいしか経っていないんですが、それより前の歴史を(写真展で)感じられるのがうれしいですね。みなさんにも見てもらって、肌で感じてもらいたいです」とコメント。鈴木は「(僕が)初めて参加する『ハンサムライブ』で、このようなイベントが行われ、今までの歴史を写真で感じられるので個人的にもうれしい」といまの心境を語った。

 「ハンサムライブ」に初参加する渡邊と鈴木に対して、甲斐は「一生懸命ということはすごく大事。1年に1回アミューズの若手が集まって、みんなで頑張って、できないことでもやることに意味があると思います。そういう心意気が必要」と力強く語った。松岡は「普段できないことも、挑戦させてもらえるので、そこは大きいです。表現者として舞台に立てるすばらしい機会なので、その熱量をお客様に届けてほしい」とアドバイスを送った。

 最後に小関は「『ハンサムライブ』の15年間が(写真展で)見られます。東京から始まり、仙台を経て、みなさんの元に届けていきますので、この機会を逃さず見に来てほしい」と締めくくった。

 写真展はHMV&BOOKS SHIBUYA 6Fにて11月30日(日)から12月15日(日)まで開催され、その後、仙台、大阪、福岡、札幌でも開催を予定している。

次のページへ (2/2) 【写真】若手イケメンが勢ぞろい
1 2