野島伸司ら輩出「第31回フジテレビヤングシナリオ大賞」大賞に中村允俊氏

野島伸司や坂元裕二らを輩出した「第31回 フジテレビヤングシナリオ大賞」が27日、都内の同局で発表され、大賞に中村允俊氏(28)の「パニックコマーシャル」が選出された。佳作には、上田迅氏(31)の「藁の上の禿頭」、四反田凛太氏(16)の「東京まではあと何歩」、遠藤大輔氏(38)の「ヒトノカケラ」が選ばれた。

大賞を受賞した中村允俊氏
大賞を受賞した中村允俊氏

大賞「パニックコマーシャル」は12月16日に1時間ドラマで放送 「緊張感をコミカルに」が評価

 野島伸司や坂元裕二らを輩出した「第31回 フジテレビヤングシナリオ大賞」が27日、都内の同局で発表され、大賞に中村允俊氏(28)の「パニックコマーシャル」が選出された。佳作には、上田迅氏(31)の「藁の上の禿頭」、四反田凛太氏(16)の「東京まではあと何歩」、遠藤大輔氏(38)の「ヒトノカケラ」が選ばれた。

 応募総数は1733編。同局第一制作室の保原賢一郎部長は「悩ましかったが、今回の4人が選ばれた。見事にジャンルがバラエティーに富んだ内容で、4人の個性が別の方向に花開いている」と評価。審査委員長を務めた同局第一制作室の加藤裕将氏は「全体でレベルが高い。大賞の『パニックコマーシャル』は、実際の緊張感をコミカルに描いている。オリジナリティーと計算された展開に加え、エンターテインメント性の高い作品が評価された」と説明した。

 大賞に輝いた「パニックコマーシャル」は、CM制作現場を舞台にしたバックステージコメディー。中村氏は「20歳までに脚本家になりたいと思ってダメで、23歳にと思ってダメで、25も27もダメで、もうダメかなと思っていた中で、大賞をいただけました」と感想を語った。今後について、「連続ドラマはいろいろな人の生きがいになれると思っていて、ドラマが好きです。うれしいと同時にスタートしたという気持ち。これから実力が試されてしまうので、ジャンルを問わずいっぱい書いていく。インターネットを通して、世界に拡散されるドラマを作っていきたい」と力を込めた。

 大賞には賞金500万円が贈られ、1時間ドラマとして12月16日(月)午前1時15分から放送される予定。

次のページへ (2/2) 受賞した4人
1 2