【ズバリ! 近況】腎臓移植で復活の電撃・南部虎弾がドナーの妻への愛と田代まさしへの無念語る(前編)

サソリを口に入れたり、耳たぶに紙幣をホチキスでとめたり、といった過激なパフォーマンスで知られる電撃ネットワークのリーダー・南部虎弾さん(68)。この春、糖尿病から末期腎不全になり、夫人から腎臓をもらって移植したことが話題になった。不死身のイメージの南部さんだが、大手術後はどうしているのだろうか。聞いてみた。

腎臓移植成功で元気に活動する南部虎弾さん【写真:山口比佐夫】
腎臓移植成功で元気に活動する南部虎弾さん【写真:山口比佐夫】

 サソリを口に入れたり、耳たぶに紙幣をホチキスでとめたり、といった過激なパフォーマンスで知られる電撃ネットワークのリーダー・南部虎弾さん(68)。この春、糖尿病から末期腎不全になり、夫人から腎臓をもらって移植したことが話題になった。不死身のイメージの南部さんだが、大手術後はどうしているのだろうか。聞いてみた。

仕事をすることで体力が戻って元気に

 5月28日に東京女子医科大学病院で手術を受け、6月16日に退院しました。7月3日にテレビ番組の収録を予定していたので、ノンビリするわけにもいかず、その間、歩いて体力をつけていました。それでも、収録でいつものパフォーマンスをしたら息切れしちゃった(笑)。

 今はもう大丈夫。9月に「南部虎弾完全復活大感謝祭!」と銘打って、電撃ネットワークが長年続けている大人のお笑いパフォーマンスイベント「新宿クレイジーナイト」を開催したのを手始めに、以前のように舞台に立っていますよ。仕事をすることで、体力が戻ってきたんじゃないかな。先日は沖縄に行き、年内に韓国やシンガポールでのパフォーマンスも予定しています。医者は「無理しないように」と言うけど、医者の言うとおり安静にしていたら、かえって病人になっちゃうんじゃないかと思います。

体調が良すぎて食べて過ぎてしまう

 月1回、病院に行ってチェックを受けていて、数値にも問題ありません。一昨日の検査では、腎臓の状態を示すクレアチニンの値が1.08mg/dl。1.00mg/dl以下が理想なんですけど、移植手術前は9.8mg/dlですから。薬は毎食、食前食後に血液をサラサラにする薬、免疫力抑制剤、カリウムとかたくさん飲んでいますから、病人は病人なんですけどね。

 体調がいいから、つい元のような元気な身体に戻ったと錯覚しちゃって、食べ過ぎてしまい、体重が55キロになっちゃった。手術直後は51キロ。50キロを超えないようにしなくちゃいけなかったんですけどね。身長168センチだから、55キロだって一般的にいえば太っているとはいえません。でも、糖尿病だから体重管理が厳しい。2か月前から毎朝、起きがけにインスリン注射をするようになりました。

次のページへ (2/3) 腎臓をくれた夫人との馴れ初めは?
1 2 3