「鬼滅の刃」コラボ機に「パズドラ」7年ぶりにやってみた 新モードに驚き

ログインボーナスでもらえる「赫灼の子・竈門炭治郎」(左)。ガチャも「鬼滅の刃」仕様に!(右)【画像:(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.】
ログインボーナスでもらえる「赫灼の子・竈門炭治郎」(左)。ガチャも「鬼滅の刃」仕様に!(右)【画像:(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.】

美麗なイラストが次々と登場、複雑な進化の系統もワンタップで全てチェック可能

 一方で、リリースからの8年で変化した箇所もさまざまだ。まずは、キャラクターがアニメーションとなり、美麗なイラストがこれでもかと登場する。さらに、複雑な進化の系統もワンタップで全てチェックすることができるようになっていた。進化させるために、どの素材が、どのくらい必要になるかをチェックしやすくなったことで、ゲームに馴染みがない人にも「これなら集められそう」とキャラクターの強化を身近に感じさせている。

 また、新たなモードも搭載されていた。壮大なストーリーを楽しめる「ストーリーダンジョン」だ。「パズドラ」リリース当初は、それぞれのキャラクターの美麗なイラストを楽しんでいたが、このモードではキャラクターにスポットを当てた王道RPGのストーリーが展開される。今のパズドラには、過去「1枚絵」だったキャラクターにも背景があり、命があり、物語があるのだ。

 今回、「鬼滅の刃」コラボをきっかけに「パズドラ」をインストールし直した人も多いだろう。パズルをそろえ、ドロップが消えていくときの音を聞いていると、爽快感すら覚える。朝の通勤電車でも、「10、11、12……」とコンボを数えて思わずニヤニヤしてしまう。リリース当初から揺るがないパズルの本質と新要素。リリースから8年が経った今も、「パズドラ」が愛され続ける理由を垣間見た気がした。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

次のページへ (3/3) 【画像】「パズドラ」×「鬼滅の刃」
1 2 3
あなたの“気になる”を教えてください