西野亮廣の絵本「えんとつ町のプペル」が50万部突破 コロナ禍で異例ヒット

絵本作家でお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が絵・文・監督をつとめる絵本「えんとつ町のプペル」(幻冬舎)がこのたび、50万部を突破した。

絵本「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著【写真:(C)幻冬舎】
絵本「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著【写真:(C)幻冬舎】

2016年の発売当時から数々の話題を提供

 絵本作家でお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が絵・文・監督をつとめる絵本「えんとつ町のプペル」(幻冬舎)がこのたび、50万部を突破した。

 出版不況が叫ばれる中、しかもコロナ禍の中で、絵本の50万部は異例のヒットとなっている。

 この作品は、あらゆる常識を覆した絵本として、2016年の発売当時から話題を振りまいた。

・1冊の絵本のために、総勢33人のイラストレーター・クリエイターを集め、共同で制作。

・そのためにかかる莫大な制作費は、当時まだあまり知られていないクラウドファンディングで集める。

・新聞の全面を、西野が個人で購入し、絵本発売を告知する新聞広告を打つ。

・自筆の原画(モノクロのペン1本で描いた絵)が1000万円で売れる。

・絵本に収録しているすべての絵を、背面からLEDライトで光らせる「光る絵」に仕立て、入場料無料の個展を開催。

・光る絵の制作費や、個展にかかる費用は、クラウドファンディングを活用。この絵本に関するだけで、1億円以上集める。

・発売後、全ページをネット上で、まさかの無料公開。

 その後も、

・「光る絵展」は全国に広がり、動員数は50万人超。

・「えんとつ町のプペル美術館」建設を決定し、土地を購入。

・関西にある満願寺での「光る絵本展」では、寺全体をライトアップ。15日間の開催で総来場者数3万人。

・パリのエッフェル塔で、日本人初の個展開催。2日間で6000人来場。

――ほか、枚挙にいとまがない。

 2020年末には、絵本の映画化も実現。コロナ禍に見舞われるも、予定通りの公開に向けて、制作を進めている。

 また、海外での翻訳版も続々と決まっている。

 韓国、中国、台湾、フランス、トルコ、コロンビアではすでに発売になっているほか、現在も10か国以上で制作が進行中。えんとつ町のその後の世界を舞台にした、次なる絵本「みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~」も発売を控えている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください