【麒麟がくる】陣内孝則が自画自賛、“アウトレイジ”今井宗久で「俳優人生最高のシーン」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(総合・午後8時~ほか)の第27回が11日に放送される。第27回「宗久の約束」では、副題の通り、堺の豪商・今井宗久が物語の鍵を握る。第27回の放送を前に、宗久を演じる陣内孝則がコメントを寄せた。

堺の豪商・今井宗久。ひょんなことから光秀と知り合い…【写真:(C)NHK】
堺の豪商・今井宗久。ひょんなことから光秀と知り合い…【写真:(C)NHK】

11日に放送される第27回「宗久の約束」、宗久の長ぜりふにも注目

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(総合・午後8時~ほか)の第27回が11日に放送される。第27回「宗久の約束」では、副題の通り、堺の豪商・今井宗久が物語の鍵を握る。第27回の放送を前に、宗久を演じる陣内孝則がコメントを寄せた。

 堺の豪商にして、当代随一の茶人である今井宗久。そんなくせ者を演じる陣内は「まず監督に言われたのが『お金が大好きなアウトレイジ』を演じてほしいということでした」と明かす。さらに陣内は「武家商人であり茶人ですので、戦国時代を生き抜く強さと、物事に動じない品性のようなものを演じることができたらと」と意気込み、「陰ながら時代をプロデュースしているフィクサー感を出していきたいです」と宗久を演じる上でのポイントを解説した。

 11日に放送される第27回では、宗久がお茶を立てながら長ぜりふを言うシーンも。しかし、新型コロナウイルスの影響で撮影が中断したため、収録まで3か月ほど時間が空いたという。陣内は「家ですごく練習しました。どう転んでもせりふは忘れないというくらい、マネージャーを相手にせりふの練習もしまして、この1シーンで舞台以上に練習しました(笑)」と、コロナ禍ならでは裏話も披露した。

 茶人でもある宗久。劇中でその複雑な所作にも挑戦している陣内は「茶道指導の先生の所作は一朝一夕では出せない深みがあり、そこには及びませんが、僕の俳優人生の中では最高のシーンになっているのではないかと思います。ぜひご注目いただきたいと思います」と視聴者に呼び掛けた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください