鶴見辰吾「自分も注意します」 夫婦間のすれ違いにドキリ

俳優の鶴見辰吾が4日、都内で行われた映画「空に住む」の完成披露舞台あいさつに登壇した。

「空に住む」完成披露舞台あいさつに登壇した鶴見辰吾【写真:ENCOUNT編集部】
「空に住む」完成披露舞台あいさつに登壇した鶴見辰吾【写真:ENCOUNT編集部】

年の離れた妻との夫婦演じる 映画「空に住む」完成披露舞台あいさつ

 俳優の鶴見辰吾が4日、都内で行われた映画「空に住む」の完成披露舞台あいさつに登壇した。

 青山真治監督7年ぶりの長編映画「空に住む」は、小竹正人の同名小説と三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの楽曲「空に住む~Living in your sky~」の世界観をベースに描かれる作品。鶴見は、天涯孤独になった主人公・直実に部屋を貸し、なにかと面倒見のいい叔父・雅博を演じる。

 雅博の年の離れた妻・明日子を演じた美村里江は、鶴見と演じた夫婦役に「共演は3度目か4度目。2人でお金持ちの夫婦というのが楽しかった」とニッコリ。美村は裕福で優しい夫・雅博との結婚生活に満足しながらも、子どものいない現状にむなしさを抱え苦悩する妻を好演している。

 鶴見は「私は亭主として美村さん演じる明日子を幸せにしているのだとばかり思っていたけど、映画を見たら、『こんなに悩んでいたんだ』と思ってショックを受けた」とぽつり。それでも、「夫婦間にはそういうことがあるんだなと思って、自分も注意します」と、背筋を伸ばしていた。

 映画「空に住む」は10月23日より全国ロードショーとなる。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください