太田光「裁判官とせりふがかぶっちゃった…」初出廷での“伊勢谷友介です発言”を説明

お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光が4日、自身がMCを務めるTBS系「サンデー・ジャポン」に生出演し、自身が関わっている民事裁判での言動について説明した。

太田光【写真:Getty Images】
太田光【写真:Getty Images】

「サンデー・ジャポン」に生出演 太田光代社長は「まあ怒ってました」

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光が4日、自身がMCを務めるTBS系「サンデー・ジャポン」に生出演し、自身が関わっている民事裁判での言動について説明した。

 太田は、大学入学をめぐる週刊誌報道について、週刊誌の発行元を相手取って損害賠償などの民事訴訟を起こしている。

 番組では、1日に行われた法廷について、実際に法廷取材をしたサンスポジャーナリストの証言として、初出廷した太田の様子を「ボケた」と紹介。傍聴席に向かい「プシュー」とギャグを見せたこと、傍聴席に向かってグーポーズを取ったこと、うその証言をしないという宣誓文を読んだ後に「とても小さな声で『伊勢谷友介です』」と言ったことを伝えた。所属事務所の社長で妻の太田光代氏の傍聴席の様子について、「身じろぎもしませんでした」とした。
 
 VTRの後にスタジオで、太田本人を“尋問”。「伊勢谷友介です発言」について、太田は「どういう意図というか、フワちゃんが言えと言ったので」と、ゲスト出演した人気YouTuber芸人のフワちゃんの名前を挙げてボケた。発言後の法廷の様子について、「しーんとしてましたよ」と明かした。フワちゃんは「なにしてんの、マジでと思いましたよ」と反応した。

 ここで太田は説明を始め、「あれは裁判官とせりふがかぶっちゃったんですよ。宣誓した後に伊勢谷友介ですと言ったんですけど、裁判官はまさかそこで一言を言うとは思っていなくて、『それでは』というせりふがぶつかっちゃったんです。そこは失敗したなと」と明かした。

 相方の田中裕二から怒られたりしなかったのかと聞かれると、太田は「社長(太田光代氏)はまあ怒ってました……」と小声で話した。

 太田の言動について、細野敦弁護士は「刑事裁判だとそういったことはできないですが、民事裁判でも怒ったり泣いたりする人はいるけど、笑いを取りに行く人を私は見たことがないです。ただ太田さんのことでもあるし、そういうことが起こるのも裁判所も想定の範囲内で、裁判に支障が限り大丈夫だと思います」と述べた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください