「半沢直樹」最終回名場面はオネエ黒崎!? 台湾紙注目「黒崎娘娘が半沢の股間握り未遂」

俳優の堺雅人が主演するTBS系日曜劇場「半沢直樹」は最終回の第10話で令和最高視聴率となる関東地区の平均世帯視聴率32.7%(ビデオリサーチ調べ)を叩き出した。日本ドラマ史に残る名作は台湾でも大人気。現地メディアは独特のオネエキャラで「黒崎娘娘(皇后)」として人気を誇る片岡愛之助演じた黒崎監査官のある行動が注目を集めている。

「半沢直樹」黒崎駿一役の片岡愛之助
「半沢直樹」黒崎駿一役の片岡愛之助

13年に放送された第1シリーズから台湾では根強い人気

 俳優の堺雅人が主演するTBS系日曜劇場「半沢直樹」は最終回の第10話で令和最高視聴率となる関東地区の平均世帯視聴率32.7%(ビデオリサーチ調べ)を叩き出した。日本ドラマ史に残る名作は台湾でも大人気。現地メディアは独特のオネエキャラで「黒崎娘娘(皇后)」として人気を誇る片岡愛之助演じた黒崎監査官のある行動が注目を集めている。

「最終回の視聴率は32.7%。黒崎娘娘が半沢の股間握り未遂」と見出しで特集したのは、香港紙「リンゴ日報」台湾版だった。

 さまざまなシーンの中で、最も注目していたのは国税庁に異動になった黒崎監査官だった。ラスボスの箕部幹事長を倒すために半沢と共闘する場面で、黒崎は突如、半沢に代名詞となった股間握りを敢行しようとした。

「片岡愛之助の演じる黒崎皇后は最終話でかなりのアグレッシブさを見せた。半沢の股間を握ろうとすらしたのだ。幸運なことに、半沢はとっさの対応を見せ、股間のブロックに成功した」

 記事ではこう報じている。13年に放送された第1シリーズも放送されていた台湾では黒崎の独特なオネエキャラが話題に。興奮状態になると部下らの股間を握るエキセントリックさも有名で、オネエの意味も持つ「娘娘(皇后)」の愛称で現地でも人気爆発状態だった。宿敵に仕掛けた股間潰しを、台湾メディアも最終話のハイライトにあげており、黒崎人気の高さが伝わってくる。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください