松田聖子、蔵出し映像に「恥ずかしくてたまらない!」 40周年節目の特集で新曲も披露へ

長寿音楽番組「SHIONOGI MUSIC FAIR」(フジテレビ系、毎週土曜午後6時~6時30分)で、10月3日に「松田聖子特集」が放送されることが決まった。歌手・松田聖子が、昨年2月以来1年半ぶりの番組登場となる。

松田聖子
松田聖子

フジ系「MUSIC FAIR」初参加は1981年 デビュー40周年の記念特集

 長寿音楽番組「SHIONOGI MUSIC FAIR」(フジテレビ系、毎週土曜午後6時~6時30分)で、10月3日に「松田聖子特集」が放送されることが決まった。歌手・松田聖子が、昨年2月以来1年半ぶりの番組登場となる。

 1980年のデビュー当時からアイドルとして芸能界の第一線で活躍し続けている松田は、今年4月にデビュー40周年を迎えた。番組ではそんな大きな節目を迎えた松田の、これまでの「MUSIC FAIR」出演の歴史について、MCの仲間由紀恵、同局の軽部真一アナウンサーと振り返る。さらに、デビュー40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2020」に収録される新曲「風に向かう一輪の花」を披露する。

 秋らしい黒のトップスとふわりとしたスカートのかわいらしい衣装に身を包んでスタジオに登場した松田。81年に初めて松田が同番組に参加してからこれまでの間、実に35回も番組に出演してきたという。映像を振り返りながら、懐かしい思い出話に花を咲かせた。トーク前半では、「海援隊」とコラボしたザ・ビートルズの楽曲「Ob-La-Di, Ob-La-Da」(81年5月26日OA)や日野皓正とコラボした「ニューヨーク・ニューヨーク」(84年9月23日OA)など名コラボ・名カバー楽曲を中心に振り返る。

 トーク後半では、往年の大ヒット曲「夏の扉」「野ばらのエチュード」「旅立ちはフリージア」「瞳はダイアモンド」そして「チェリーブラッサム」など、40年を彩ってきた数々の名曲のソロ歌唱映像、全9曲の貴重な映像が。松田は当時の映像を見て、「緊張するし、恥ずかしくてたまらない!」と語った。

 新曲「風に向かう一輪の花」は、松田が37年ぶりに財津和夫とタッグを組み制作した楽曲で、松田聖子が作詞、財津和夫が作曲を担当。イントロからぐっと引き込まれるピュアなメロディーが美しく、ファンに対する松田の思いを真っすぐに伝えるために先に歌詞を書いたという、松田の愛がたくさん詰まっていることが感じられる楽曲となっている。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください