榊原郁恵、守屋浩さんに感謝「この世界に入るきっかけを作って頂き、今の私がいます」

「僕は泣いちっち」などのヒット曲で知られる歌手の守屋浩さんが、19日に前立腺がんのため死去した。享年82歳。近親者のみで家族葬を行った。

守屋浩さん【提供:ホリプロ】
守屋浩さん【提供:ホリプロ】

「ホリプロタレントスカウトキャラバン」に名付け親として立ち上げに参加した守屋さん

「僕は泣いちっち」などのヒット曲で知られる歌手の守屋浩さんが、19日に前立腺がんのため死去した。享年82歳。近親者のみで家族葬を行った。

 守屋さんは、1959年に「泣かないで帰ろう」でレコードデビュー。同年発売した「僕は泣いちっち」が大ヒットし、60年、同曲でNHK紅白歌合戦に初出場した。同年に創業した大手芸能事務所「ホリプロ」の第1号タレントとして活躍し、76年の現役引退後は、ホリプロの取締役宣伝部長に就任。「ホリプロ・タレント・スカウト・キャラバン」には、名付け親として立ち上げにも参加した。

 2年前に前立腺がんが発覚。自宅のある静岡県伊東市内の施設で療養していた。

 訃報を受け、守屋さんの手によって“発掘”されデビューのきっかけを得たタレントの榊原郁恵は「『僕は泣いちっち』がヒットした年に産まれた私ですが、守屋さんにこの世界に入るきっかけを作って頂き、今の私がいます。最後にちゃんと感謝の言葉をお伝え出来なかったことが大変心残りですが、守屋さんの気持ちのこもった『第一回ホリプロタレントスカウトキャラバン』グランプリの名に恥じぬようにこれからも活動をしてまいります。心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントを出した。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください