河野太郎・行政改革担当相「縦割り110番」“霞ヶ関の住民”からも歓迎に1.4万RT

河野太郎・行政改革担当相が17日、自身のツイッターを更新。「行政改革目安箱(縦割り110番)を立ち上げました」と報告した。自身の公式サイトでは応募フォームを設置している。

河野太郎行政改革担当相【写真:AP】
河野太郎行政改革担当相【写真:AP】

菅義偉首相が「行政改革目安箱(縦割り110番)」設置検討を指示

 河野太郎・行政改革担当相が17日、自身のツイッターを更新。「行政改革目安箱(縦割り110番)を立ち上げました」と報告した。自身の公式サイトでは応募フォームを設置している。

 今回の「110番」設置をめぐっては、菅義偉首相が16日の就任記者会見で、規制改革のアイデアを募る「110番」の検討を指示したことを明らかにしていた。

 河野大臣は「無駄な規制、仕事を妨げている規制、役所の縦割りで困っていること等々、規制に関する情報をお送りください」と呼びかけ、「霞ヶ関の住民からのインプットも歓迎します」と、“官僚サイド”にもメッセージを送った。

 河野大臣のツイッター投稿から約2時間半で、1万4000リツイート、「いいね」は3万9000超を記録している。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください