伊勢谷容疑者逮捕で“作品に罪はあるか”論争再燃 ヒロミ「テレビのハードルは厳しい」

15日放送のフジテレビ系「バイキング」で、“作品に罪はあるか”論争を視界の坂上忍やタレントのヒロミら出演者が展開した。

ヒロミ【写真:ENCOUNT編集部】
ヒロミ【写真:ENCOUNT編集部】

「未満警察」最終回に号泣の高橋真麻「あれを見られないなんて…」

 15日放送のフジテレビ系「バイキング」で、“作品に罪はあるか”論争を司会の坂上忍やタレントのヒロミら出演者が展開した。

 俳優の伊勢谷友介容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことを受けて、出演ドラマや映画の今後の扱いをめぐる“作品に罪はあるか”論争がネット上などで再燃している。

 伊勢谷容疑者が出演する映画がノーカットで公開することを決定した一方で、「未満警察」(日本テレビ系)などドラマは放送を中止ならびに配信を停止することとした。

 これについてヒロミは「ノーカットで出すことは良いと思う。作品には罪は無いかなと思う」と映画の公開については肯定的な意見を語った。一方で「テレビ・CMとは別。テレビのハードルは厳しいから」とテレビ・CMと映画では判断が異なるとした。

 また、タレントのミッツ・マングローブは「テレビは(子ども含めて)誰でも見られてしまうという所もある。一方で映画は個人の選択。親御さんの判断で見る見ないを決めることのできるメディアですから」とヒロミと同様の意見を展開した。そして、芸能人の不祥事などに際したびたび話題となる“作品に罪はあるか”論争について「こういった議論は起こって然るべき」とした。

 タレントの高橋真麻は「被害者がいるか、いないかも大きな違い。どんな犯罪かも」と話すと坂上は「映画とテレビで分けるっていう考え方もある」と話すも「テレビ的なお金の集め方で(映画を)撮影する場合もある」とスポンサーなどについても考慮し、映画とテレビの違いで「賠償金が減るっていうのは……」と苦言した。

 また、「未満警察」はいまだ最終回が放送されていない福井放送と沖縄テレビで放送の中止が決定。これについて最終回を見て号泣したという高橋は「あれを見られないなんて……」と視聴者の気持ちで悲しみの声を代弁していた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください