女優・芦名星さんが死去、死因は「現在調査中」…福島出身「八重の桜」「相棒」に出演

女優の芦名星さんが亡くなっていたことが14日、分かった。36歳だった。

芦名星さん【写真:Getty Images】
芦名星さん【写真:Getty Images】

新宿区の自宅マンションで親族が発見

 女優の芦名星さんが亡くなっていたことが14日、分かった。36歳だった。

 所属事務所によると、同日午前に東京・新宿区の自宅マンションで亡くなっているところを、芦名さんの親族が発見したという。死因については、「現在調査中」としている。

 芦名さんは福島県出身で、2003年に女優デビュー。NHK大河ドラマ「八重の桜」やテレビ朝日系ドラマ「相棒」など、数多くの話題作に出演。19年には、BSテレ東の連続ドラマ「W県警の悲劇」で、ゴールデン帯の連ドラ初主演を果たしていた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください