「半沢直樹」で話題の「おねしゃす」は香川照之が発案 堺雅人の対応力に脱帽「的確」

俳優で歌舞伎役者の香川照之が14日、自身のツイッターを更新。東京中央銀行・大和田役で出演しているTBS系日曜劇場「半沢直樹」(午後9時~)第8話で話題を呼んだせりふの“裏側”を明かした。

香川照之【写真:Getty Images】
香川照之【写真:Getty Images】

話題沸騰のせりふは「大和田の発案でした~」

 俳優で歌舞伎役者の香川照之が14日、自身のツイッターを更新。東京中央銀行・大和田役で出演しているTBS系日曜劇場「半沢直樹」(午後9時~)第8話で話題を呼んだせりふの“裏側”を明かした。

 13日に放送された第8話で堺雅人演じる半沢を前に「おねしゃす」と懇願する場面。放送直後に香川は「『おねしゃす』ネタ、いかがでしたでしょうか?w もちろん、本セリフの『お願いします』から派生したアドリブなのですが、これは…」とツイートし、(1)半沢くんの案(2)大和田の案(3)現場で生まれた偶然(4)監督の案と選択肢を列挙。「果たしてどれだったでしょうか?!」と問いかけていた。

 そして一夜明けたこの日、「お待たせしました。答えは(2)death!笑 大和田の発案でした~」と答え合わせ。

 続けて「私の苦渋の『おねしゃす』に対し、堺さんにはどうしても硬い言い回しで『おねしゃす』と返してほしかったのです」と説明。そして「でも本番によっては、例えば私が『おねえしゃす』と言ったりしたら、すかさず堺さんは『1文字足りないようですが』などと、こちらの言葉に的確に臨機応変に反応されていました!さすが!」とアドリブへの堺の対応力に感服している。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください