大島優子の「ポテンシャルが計り知れない」 石井監督も絶賛、不倫妻の壮絶人生を熱演

女優の大島優子が12日、都内で行われた「第42回ぴあフィルムフェスティバル」のトークショーに登壇した。石井裕也監督のオリジナル脚本による映画「生きちゃった」で4年ぶりの映画出演となった大島は「この役、この作品に出会えたことに感謝しています」と話し、映画をアピールした。

大島優子が都内で行われたトークショーに登壇【写真:ENCOUNT編集部】
大島優子が都内で行われたトークショーに登壇【写真:ENCOUNT編集部】

4年ぶり映画で体当たり演技「映画館に来てほしい」

 女優の大島優子が12日、都内で行われた「第42回ぴあフィルムフェスティバル」のトークショーに登壇した。石井裕也監督のオリジナル脚本による映画「生きちゃった」で4年ぶりの映画出演となった大島は「この役、この作品に出会えたことに感謝しています」と話し、映画をアピールした。

 今作でヒロイン・奈津美を演じた大島は不倫の末に、苦悩に飲み込まれていく姿を体当たりで表現。「役者という仕事は人に見せちゃいけないものがない仕事なのかなという気がしています」と胸を張る大島に、石井監督は「日本中の誰もが知っている大島優子さん。持っているポテンシャルが計り知れないことはそもそも分かっていたけど、見事なまでにこの映画で炸裂したんじゃないかなと思う」と太鼓判を押していた。

 大島は「映画館に来てほしいです。わたしは『今日から俺は!!』を見に行きました。おもしろかった」と共演した仲野太賀が出演し大ヒットした「今日俺」を観賞するために、実際に映画館に足を運んだことを明かしていた。

 映画「生きちゃった」は10月3日よりユーロスペース他にて全国公開(配給:フィルムランド)。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください