ナイツの新ラジオ番組は「スピードラーニングと一緒」 塙、劇場出番が減り「よっしゃー」

お笑いコンビ「ナイツ」がパーソナリティーを担当するニッポン放送の新番組「ナイツ ザ・ラジオショー」が7日からスタートし、放送に先駆けて同局のイマジンスタジオで記者会見が行われた。

「ナイツ」の塙宣之(左)、土屋伸之【写真:ENCOUNT編集部】
「ナイツ」の塙宣之(左)、土屋伸之【写真:ENCOUNT編集部】

ニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」スタート記者会見

 お笑いコンビ「ナイツ」がパーソナリティーを担当するニッポン放送の新番組「ナイツ ザ・ラジオショー」が7日からスタートし、放送に先駆けて同局のイマジンスタジオで記者会見が行われた。

 ナイツは新番組で月曜から木曜までのパーソナリティーを務め、同局で毎週木曜放送の「ビバリー昼ズ」も引き続き担当。ニッポン放送だけでも週に合計11時間半、生放送を担当することになる。

 オファーを受けた際の心境について、土屋は「赤坂の方でも4時間生放送をやっているので、あれ? そのことを知らないのかな、と思ったんですけど、知った上でのオファーということでありがたいです」と感謝。一方、ドラマ出演の経験がある塙は「僕は本業が俳優なので、これから役者としてどういうスケジュールを組めばいいか……」と心配しつつ、寄席芸人として「浅草の東洋館が11時から午後4時まで毎日やっているんですが、このラジオは、12時入りで終わるのが午後3時半。ちょうど東洋館に出られないということで……、よっしゃー!」とガッツポーズを見せた。

 番組には、ナイツのパートナーとして人気の女性芸人が曜日別で出演し、月曜は平野ノラ、火曜は「相席スタート」山﨑ケイ、水曜は「メイプル超合金」安藤なつ、木曜は「ハリセンボン」箕輪はるかが登場する。土屋は「もともと内海桂子一門で、女性芸人に育てられてここまできた。女性芸人が横にいてくれたら、一番力を発揮できる」と語り、塙は「中川家さんが金曜(「中川家 ザ・ラジオショー」)を担当するので、『おじさんラジオ』という名前が仮で決まっていたんですけど、おじさんばかりじゃ、ってことで女性のパートナーを入れました」と裏話を明かした。

 ラジオ初心者に注目してほしいポイントを聞かれると、塙は「何かをやりながら聞いてもらえたら。スピードラーニングと一緒です」と笑わせ、「徐々に(ラジオというものを)理解していくと思うので」とコメント。自身がラジオを好きになったきっかけが、「電気グルーヴのオールナイトニッポン」と明かし、「とにかくラジオから楽しい声が聞こえてくるので、パーソナリティーの情報なんて何にも知らなかった。ラジオから聞こえてくることで、いろいろ勉強になることもあると思います。僕らで言えば、『消しゴムサッカー』って何なんだ? とか」と相方が考案したオリジナルゲームをイジった。

 TBSラジオで「ナイツのちゃきちゃき大放送」を担当しているということで、ニッポン放送とTBSラジオの違いを聞かれると、塙が「ニッポン放送の台本には、ものすごくTBSラジオのことが書いてある。『ちゃきちゃき大放送、あっ、間違えた!』とか。TBSは一切書かれていません」と笑いを誘った。

 番組のアドレスなど、情報を読むことが多い土屋は、「ビバリー昼ズ」の台本が英語も縦書きになっていることに違和感を感じているという。「日本語があって、途中でアルファベットが入ると、その度にこうやっているんですよ(顔を横にする)」と苦笑し、「King Gnu」のヒット曲「白日」を“白目”と読み間違えたことを反省していた。

 最後に新番組の意気込みを聞かれ、土屋は「耳で聞ける漫才・寄席というのを、お昼に提供していきたいと思います」、塙は「各曜日のパートナーと呼吸があって、楽しいラジオになると思うので、あまり何も考えずに聞いていただきたいと思います」とリスナーへメッセージを送った。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください