NHK大河「麒麟がくる」休止にネット上も続々と反応「麒麟にはきてほしいけど…」

6日に放送が予定されていたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜、午後8時ほか)第23回は、台風10号の特設ニュース放送の影響で休止となることが分かった。

長谷川博己【写真:ENCOUNT編集部】
長谷川博己【写真:ENCOUNT編集部】

第23回は台風10号の特設ニュース放送の影響で休止が決定

 6日に放送が予定されていたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜、午後8時ほか)第23回は、台風10号の特設ニュース放送の影響で休止となることが分かった。

 この日は第23回「義輝、夏の終わりに」を放送予定だった。将軍・義輝の権威を取り戻すために、勢いのある信長を上洛させると約束した光秀。一方、京では義輝暗殺計画が持ち上がっていると知り、その真意を探るべく光秀が奔走する……というあらすじだった。

 休止を受け、SNSではファンが続々と反応。「公共放送だし、やむを得ない」「麒麟には来てほしいけど台風は来なくていい」と休止を残念がる声と同時に、「大きな被害が出ませんように」「九州の皆さんご無事で」と台風の被害が懸念される地域に住む視聴者の安全を願う声も相次いだ。

 番組公式ツイッターでも「本日予定しておりました、『麒麟がくる』第23回の放送はお休みします。放送日が決まりましたら、あらためてホームページや公式Twitter等でお伝えいたします」と報告した。

「麒麟がくる」は新型コロナウイルスの影響で6月7日の放送後に一度放送を休止。8月30日に再開されたばかりだった。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください