「キングダム」作者・原泰久氏、3月の離婚を報告「償いの気持ちを抱えて生きていきます」

「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の人気漫画「キングダム」の作者である原泰久氏が3日、自身のツイッターを更新。3月に離婚していたことを報告した。

漫画のファンへ謝罪「不快な気持ちにさせてしまい申し訳ありませんでした」

「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の人気漫画「キングダム」の作者である原泰久氏が3日、自身のツイッターを更新。3月に離婚していたことを報告した。

「お騒がせしてしまい、申し訳ありません」と記し投稿された1枚の文書には「お詫び」の表題で次のようにつづられている。

「この度は私事で読者の皆様、関係者の皆様、お騒がせしてしまい大変申し訳あリませんでした。一部週刊誌にありましたように、私は今年の三月に離婚致しました。仕事を言い訳に、支えてくれていた元妻ときちんと向き合うことをせず、家族を大切に出来ませんでした。

 私の不誠実な行いのせいで、周りの人を傷つけてしまったことを、重く受け止め、深く反省しております。本当に家族に対して不誠実であったことを後悔しております。時は戻りませんが、これからは償いの気持ちを抱えて生きていきます。

 作品を呼んで下さっている読者の中には、がっかりされた方も多いと思います。不快な気持ちにさせてしまい申し訳ありませんでした。支えて下さっている関係者の皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。心よりお詫び申し上げます。

 2020年9月3日 原 泰久」

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください