乃木坂46・秋元真夏、与田祐希と佐藤楓のコロナ感染を謝罪「ご心配をお掛けして…」

「乃木坂46」のキャプテン・秋元真夏が2日、ブログを更新。1日にメンバーである与田祐希と佐藤楓の新型コロナウイルス感染の発表を受けてコメントした。

秋元真夏【写真:ENCOUNT編集部】
秋元真夏【写真:ENCOUNT編集部】

2019年9月2日にキャプテンに就任、桜井玲香からバトン

「乃木坂46」のキャプテン・秋元真夏が2日、ブログを更新。1日にメンバーである与田祐希と佐藤楓の新型コロナウイルス感染の発表を受けてコメントした。

 ちょうど1年前のこの日に元メンバーの桜井玲香からキャプテンを継いだ秋元は「キャプテン交代から今日で1年が経ちました あっという間ですね、1年って!」とつづった。

「キャプテンっていう立場が向いてるタイプじゃないんだろうなって1年通して感じてしまうこともあったりしました」とプレッシャーを感じることもあったとしながらも「まだ見ぬ次期キャプテンにちゃんとバトンを渡すために私なりにこれからもしっかり向き合っていきます」と意気込みをつづった。

 続けて「乃木坂に入ってから予期せぬことはいっぱい起きるけどなんだか結果はいつも楽しいし今はなかなかイベントやライブも簡単には出来なくなってしまったけどその分コメントだったら755だったりSNSで私たちへの愛を綴ってくれてるのを見たりすると、本当に心から明るくなれるしどれだけみなさんに助けてもらってるかを感じます。本当に本当にありがとう」と応援してくれるファンへ感謝の思いを届けた。

 また、1日に与田と佐藤が8月31日に新型コロナウイルスに感染したとの発表を受けて「メンバーが新型コロナウイルスに感染してしまい、ファンの皆様 関係者の皆様にはご心配をお掛けして大変申し訳ありませんでした」とキャプテンとして謝罪。

「今後もメンバー一同感染対策に努めていきます。全員が元気な姿をお見せできる日を待ちたいと思います」と続け、「みなさんも元気に毎日を送れますように。こんな時でも気持ちは前向きに!みんなで頑張ります」と投稿を締めくくった。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください