色っぽい阿部サダヲにワイルドな小泉孝太郎… 「恋する母たち」3人の男性キャストが決定

10月スタートのTBS系金曜ドラマ「恋する母たち」(午後10時)の追加キャストが決定した。

ドラマ「恋する母たち」に出演する(左から)磯村勇斗、阿部サダヲ、小泉孝太郎 【写真提供:(C)TBS】
ドラマ「恋する母たち」に出演する(左から)磯村勇斗、阿部サダヲ、小泉孝太郎 【写真提供:(C)TBS】

人妻との禁断の恋!?

 10月スタートのTBS系金曜ドラマ「恋する母たち」(午後10時)の追加キャストが決定した。

 原作は恋愛マンガのカリスマ・柴門ふみによる同名の人気作品。脚本は恋愛ドラマの名手・大石静で、数々の名作を生み出してきた2人がタッグを組み、極上のラブストーリーを届ける。

 主演は木村佳乃。19年ぶりにTBSの連続ドラマで主演を務める木村が演じる主人公の石渡杏は、夫と1人息子と何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然夫が失踪。息子をシングルマザーとして育て、この春有名進学高校に入学させた。

 共演には吉田羊と仲里依紗。吉田演じるバリバリのキャリアウーマン・林優子と仲演じるキラキラしたセレブ妻・蒲原まりは、それぞれ杏の息子と同じ名門校に通う息子がいる。

 このたび、この3人の美しい母たちの心を揺さぶる男性を演じるキャストが新たに発表となった。

 チャリティーイベントで出会ったまりに一目惚れし、強引に誘いをかける人気落語家・今昔亭丸太郎役には、様々な役柄を縦横無尽に演じ、ドラマや映画、舞台とあらゆるジャンルで存在感を発揮している阿部サダヲ。

 杏の前に現れる、夫の駆け落ち相手の夫・斉木巧を演じるのは、俳優としてのみならず、バラエティー番組でもさわやかな人柄で幅広い世代の女性の心をつかんでいる小泉孝太郎。そして、優子と同じ会社で働く優秀なイマドキ部下・赤坂剛役には、映画やドラマに引っ張りだこの、いま最も旬な俳優の1人である磯村勇斗が決定した。

磯村勇斗「ついに大人の世界に足を踏み入れるのか」

【阿部サダヲコメント】
人妻に恋をしてしまう100年に1人の天才落語家というハードルの高い役だなぁと思いました。以前TBSドラマ「タイガー&ドラゴン」で落語家をやらせていただきましたけど、その時の「どん太」とは全然違うのでプレッシャーを感じています。「これは恋に落ちる!」と納得していただけるような演技をしないといけません! 今までに醸し出したことのない大人の色気を、皆さんの協力によって作り上げたいと思っております! よろしくお願いします。

【小泉孝太郎コメント】
僕の大親友のムロさんが「大恋愛」でお世話になった磯山プロデューサーと脚本の大石さんと初めてご一緒出来ることにとてもワクワクしています。大恋愛になるかどうかは分かりませんが、「恋する母たち」の物語の中で、僕が木村佳乃さんとどういう関係を持ち、どういう男なのか、ソワソワ、ドキドキしながら物語の展開を見ていただけたらなと思います。原作とは違う印象があるかもしれませんが、斉木巧という男を自分でも今まで演じたことのないタイプの男として遊んでみたいと思います。

【磯村勇斗コメント】
最初にお話をいただいた時、ついに大人の世界に一歩足を踏み入れるのか、と思いました。職場の上司に恋をしたら、その人が子を持つ母だった。本来なら決して許されぬ恋だと思いますが、ドラマの中では「赤坂剛」として、純粋に、自分の気持ちに嘘をつかず、好きな想いを真っ直ぐにぶつけていきたいと思います。そして、この作品を通して、恋に苦悩する女性たちの心を少しでもほぐせるよう作品に向き合っていきます。

【チーフプロデューサー・磯山晶コメント】
母たちが恋する男性キャストに、これ以上ないほど理想的な方々に集まっていただけました。阿部サダヲさんには、色っぽくて優しい、そのうえ一緒にいて面白い! 楽しい! という最高に魅力的な大人の男性を演じていただきます。舞台で生に伝わってくる阿部さんの本当の色気をテレビでも思う存分解禁したい! という気持ちです。小泉孝太郎さんは、今回はさわやかな笑顔を封印、ちょっとやさぐれて、ぶっきらぼうないい男・斉木巧を演じていただきます。ワイルドでセクシーな小泉さんをお楽しみください。そして磯村勇斗くんは無鉄砲に、一途に、まっすぐに上司を思い続ける年下男子を演じます。こんな後輩に想われたい、という大人女子の妄想を体現していただきます。もしも人生にこんな出会いがあったら、その運命に抗えないかも……というくらい素敵な男性たちにご期待ください。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください