元DeNAの荒波翔氏が新型コロナ感染、妻の宮崎瑠依は今後検査へ

元・横浜DeNAベイスターズの選手で、野球解説者の荒波翔氏が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。所属事務所が28日に発表した。

都内の病院に入院、症状は安定

 元・横浜DeNAベイスターズの選手で、野球解説者の荒波翔氏が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。所属事務所が28日に発表した。

 所属事務所によると、荒波氏は27日に発熱があり、自宅待機をしていたが、28日に都内の病院で抗原検査を受けたところ、陽性が確認されたという。

 PCR検査は受けていないが、症状から新型コロナウイルスに感染したと診断された。現在は都内の病院に入院中だが、平熱にもどり、症状は安定しているという。

 妻でタレント、キャスターの宮崎瑠依や子供については、今後検査を受ける予定で、現状は発熱などの症状はないという。

 荒波氏は今後、病院・保健所の指示を仰ぎながら治療に専念するという。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください