YOSHIKI、ロックの女王・St.Vincentとのコラボ新曲発表 活動へ意欲「今の時代への挑戦」

ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIが27日、自身初のオンライン記者会見を開き、ロックの女王・St.Vincent(セイント・ヴィンセント)とコラボした新曲を配信リリースすることを発表した。今回のコラボ楽曲は、各国で28日の午前0時を迎えると同時に解禁される。

YOSHIKI
YOSHIKI

コロナ禍でのエンターテイナーに在り方に活路「成功すれば風穴を開けることができる」

 ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIが27日、自身初のオンライン記者会見を開き、ロックの女王・St.Vincent(セイント・ヴィンセント)とコラボした新曲を配信リリースすることを発表した。今回のコラボ楽曲は、各国で28日の午前0時を迎えると同時に解禁される。

 これまでも記者会見を通じてさまざまな発表を広く知らせてきたYOSHIKI。この日もロサンゼルスからオンラインで会見に臨んだ。楽曲制作は全てオンライン上で行われ、YOSHIKIは「今の時代だから生まれた」と胸を張った。

 YOSHIKIは会見の中で、「色んなアーティストや関係者が大変な時期を迎えていると思う。経済がだんだん次の状態に移ろうとしていても、エンタメはまだ再開される見通しがついていない」とアーティストとしての苦しい心中を吐露。一方で、「エンターテイナーとして、僕らは何ができるのか。逆に今だからできることもある。今の時代への挑戦として色々やっているし、成功すれば風穴を開けることができる」と今後の活動へ意欲を示していた。

 会見にはヴィンセントもオンラインで同席。ヴィンセントは「新しいことに挑戦するのは怖かったが、コロナで会えない、ライブできない、ツアーできないこのタイミングだからこそ(新しいものを)作らないといけない。可能性が無限に広がっている」とアーティストとしての強い誇りを口にしていた。

 会見では、ロサンゼルスで過ごすYOSHIKIが近況を報告する一幕も。仕事を再開させたものの、「6か月間は誰とも食事せず、ずっとひとり。けっこう寂しい生活」と心境をポロリ。さらに、先日に行われたという大規模な撮影では「現場に来る何百名という方全員に(PCR検査を)してもらった。1000万円以上はかかりました」と自らも含めて全員にPCR検査を徹底し、陰性が確認された人とのみ接触していると明かした。

 YOSHIKIは「ここから毎週発表があると思います」とさらなるプロジェクトの発表を予告。「コロナへのアーティストの挑戦が始まると思ってもらいたい。今あるエンターテインメントに対して提案をしたり、リードできるようなプロジェクトがめじろ押しなので、ひとつずつ発表していきたい」とコロナ禍におけるアーティスト活動の推進を力強く宣言していた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください