「半沢直樹」堺雅人を台湾メディアが特集 大学時代は「早稲田王子」の“異名”

高視聴率を連発し続ける話題のTBS系ドラマ「半沢直樹」(日曜午後9時)は日本のみならず、台湾でも放送され、話題を呼んでいる。地元紙「自由時報」では主人公を演じる俳優・堺雅人のキャリアに注目。大学時代の人気ぶりを「早稲田王子」と紹介している。

堺雅人【写真:Getty Images】
堺雅人【写真:Getty Images】

「早稲田のプリンスとして有名だった」

 高視聴率を連発し続ける話題のTBS系ドラマ「半沢直樹」(日曜午後9時)は日本のみならず、台湾でも放送され、話題を呼んでいる。地元紙「自由時報」では主人公を演じる俳優・堺雅人のキャリアに注目。大学時代の人気ぶりを「早稲田王子」と紹介している。

 7年ぶりの人気シリーズ第2弾の主演で話題を集める堺。台湾メディアが取り上げたのはその大学時代だ。

 高校卒業後、早稲田大学に入学した当時の堺を特集。劇団で活躍し、「早稲田王子(早稲田のプリンス)として有名だった」とかつての異名を紹介している。そして、演劇の世界にのめり込めるあまりに大学を中退し、両親を激怒させたというエピソードも伝えた。

 主演を務めた映画「南極料理人」では役作りのために3週間で8キロ増量したという堺の役者根性にも注目し、「高度なプロ意識と決断力を示している」と絶賛している。台湾では日本専門チャンネル「緯來日本台」で放送されている「半沢直樹」。卓越した演技力で、堺は台湾でも評価を高めているようだ。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください