渡辺直美、NYの自宅をテレビ初公開 ローンが組めず現金一括払いで「今一文無し」

お笑いタレントの渡辺直美が11日にフジテレビ系で放送された「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(カンテレ製作、午後10時~)に出演し、所属する吉本興業との“秘話”やテレビ初公開となったニューヨークの自宅について語った。

渡辺直美【写真:Getty Images】
渡辺直美【写真:Getty Images】

ワールドツアーを自腹敢行、費用は総額「何千万」の金額に…

 お笑いタレントの渡辺直美が11日にフジテレビ系で放送された「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(カンテレ製作、午後10時~)に出演し、所属する吉本興業との“秘話”やテレビ初公開となったニューヨークの自宅について語った。

 放送内では、現在では日本とアメリカを行き来し、お笑いのみならずエンターテイナーとして大活躍中の渡辺のサクセスストーリーを紹介。デビューから日本で人気を得るまでの軌跡をたどっていくが、その中でレギュラー番組が立て続けに終了し、アメリカ留学を決意したという話題に。

 所属事務所である吉本興業のスタッフにアメリカ行きを直訴した際には「ダメ!帰ってきたら仕事はないと思え!」と断られたというエピソードを披露。このスタッフの反応にスタジオは爆笑。進行役を務めていた「パンサー」の向井慧は「これがやっぱ吉本」と発言。MCの博多大吉は「そうこなくっちゃ!さすが吉本!」と満足げに爆笑した。

 しかし、それでも意志を貫き3か月のアメリカ留学を強行。留学を終え、帰国後に日本で自身の成長を確認するため「単独ライブをやりたい」とスタッフに懇願。しかし、ここでもスタッフには「は?勝手なことする奴に金は出さん!」と拒否されたという。これにも大吉は「待ってました!吉本!」と合いの手を入れ事務所の一貫した態度を“称賛”した。この一連の流れに思わずMCの大悟も「吉本の社員悪口パネルなん?」とツッコミを入れた。

 その後、日本でのライブを断られた渡辺は自腹でワールドツアーの開催を決行。仲間内でお金を集め「何千万」という費用を注ぎ込み敢行したと明かした。同ツアーはチケット即完売で大盛況となり、渡辺の転機となった。この成功を受けてスタッフは「さすが直美さん!成功すると思ってましたよ~」とまさかのてのひら返し。この展開に、ノブや大吉は「よっ!」「出た!」と拍手で盛り上がった。

 また、番組内ではニューヨークに自宅を購入したことを告白。広々とした自宅をテレビで初公開した。気になる価格について「高いの?」と聞かれた渡辺は「高い」とシンプルに回答。ローンが組めず「全部現金で一括で払ったので今一文無し」と現状を明かし、MC陣を驚かせた。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください