朝ドラ史上初のヒロイン3人 21年度後期NHK連続テレビ小説は「カムカムエヴリバディ」に決定

NHK大阪拠点放送局は28日、2021年度後期の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の制作を決定したことを発表した。

21年度後期NHK連続テレビ小説は「カムカムエヴリバディ」に決定【画像提供:(C)NHK】
21年度後期NHK連続テレビ小説は「カムカムエヴリバディ」に決定【画像提供:(C)NHK】

20年冬ごろに出演者を発表、21年春ごろのクランクインを予定

 NHK大阪拠点放送局は28日、2021年度後期の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の制作を決定したことを発表した。

 同作は、昭和・平成・令和の時代に、ラジオ英語講座とともに歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。京都・岡山・大阪を舞台に、時代を超えた愛すべきヒロインたちの日常に寄り添い、明るく照らす朝を届ける。

 朝ドラ史上初となる3人のヒロイン。そのうちの1人は8月から出演者オーディションを実施し、選出するという。

 作者は07年「ちりとんてん」以来2作品目となる藤本有紀。放送決定にあたり、「いつか2度目の連続テレビ小説を書かせていただく機会に恵まれたなら、きっと書こうとあたためていた題材があります。それが『NHKのラジオ英語講座』です。1925(大正14)年に日本でラジオ放送が開始されたその年に、英語講座は始まりました。その歴史を紐解いていくことは、そこに百年の物語を見つけ出し、紡ぎ上げることと同義です。とても自然な成り行きで3世代のヒロインが誕生しました。小さな積み重ねがやがてダイナミックな展開をもたらすのは、英語学習も連続テレビ小説も同じです。毎日15分だけ、おつき合いいただけましたら幸いです」とコメントを発表した。

 20年冬ごろに出演者を発表、21年春ごろのクランクインを予定している。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください