元AKB48の岩田華怜が新型コロナ感染 大事をとり出演予定だった朗読劇の降板を発表

元「AKB48」で女優の岩田華怜が新型コロナウイルスに感染したことが分かった。所属事務所が27日、発表した。

岩田華怜【写真提供:(C)ホリプロ】
岩田華怜【写真提供:(C)ホリプロ】

現在は都内病院にて入院中で、熱・倦怠感もなく回復に向かっている

 元「AKB48」で女優の岩田華怜が新型コロナウイルスに感染したことが分かった。所属事務所が27日、発表した。

 発表によると岩田は22日に喉の痛みを訴え、外出を自粛。24日には倦怠感もあったとのこと。翌25日にもおさまらず、37.6度と発熱。同日に都内病院にて抗原検査を受けたところ、陽性が確認されたようだ。

 PCR検査は受けていないものの、症状から新型コロナウイルス感染と診断。現在は都内病院にて入院中で、熱・倦怠感もなく回復に向かっている。

 なお、岩田が出演予定となっていた朗読劇「READING LIVE DREAM~2020 in August~」(8月5日~16日)については、稽古前だったこともあり、スタッフ・キャストとは1度も会っていないとのこと。しかし、大事をとって降板することが発表された。

「今後は病院・保健所の指示を仰ぎながら治療に専念し、弊社としてもより一層の拡大防止に努めてまいります」と事務所はコメントした。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください