マナカナ、朝ドラ「だんだん」の劇中歌が再び 作曲家・村松崇継のラジオで熱唱

26日深夜0時から放送される、作曲家・ピアニスト・シンガーソングライターとして活動している村松崇継がDJを務めるFMヨコハマ「Sail On The Score」に、三倉茉奈と佳奈がゲストとして出演する。

番組内で朝ドラ「だんだん」の劇中歌を熱唱する【写真:(C)アミューズ】
番組内で朝ドラ「だんだん」の劇中歌を熱唱する【写真:(C)アミューズ】

3人の出会いとなった楽曲「いのちの歌」の特別バージョンをお届け

 26日深夜0時から放送される、作曲家・ピアニスト・シンガーソングライターとして活動している村松崇継がDJを務めるFMヨコハマ「Sail On The Score」に、三倉茉奈と佳奈がゲストとして出演する。

 2019年までは、「音楽とともに世界各国の港を巡る」というコンセプトで放送していた同番組だが、放送2年目に入り、今期は「村松自身が港となり、様々なゲストを迎えてお届けしていく」というテーマを掲げ、新章に突入した。

 その第1弾のゲストとして村松と親交のある茉奈&佳奈が出演することとなった。3人の出会いは、09年に放送されたNHK連続テレビ小説「だんだん」。同ドラマ内の劇中歌として誕生した「いのちの歌」は、Miyabi(竹内まりや)が作詞、村松が作曲したもので、主演の茉奈&佳奈による劇中の音楽ユニット「シジミジル」が歌唱し話題となった。

 番組内では3人の出会いや「だんだん」撮影の裏話をはじめ、お互いの音楽のルーツも語り合う。

 さらに、スタジオでは、3人の出会いとなった楽曲「いのちの歌」をセッション。作詞者である竹内がセルフカバーし、NHK紅白歌合戦で歌唱したことが記憶に新しい同曲を、村松のピアノ演奏と茉奈&佳奈の歌声の特別バージョンが放送される。

トップページに戻る

(ENCOUNT編集部)

あなたの“気になる”を教えてください